いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

保育園に預けるときに子どもが泣かないのは「愛情不足」が原因?

保育園に預けて働きに出るママに泣きながら「ママー!」と後を追う子ども。慣らし保育を始めたばかりの保育園にはよくある光景です。一方でママスタBBSにはこんな意見も寄せられました。

もしかしてママは必要ない!?

『もうすぐ2歳になる娘。保育園を楽しんでくれていることは一安心ですが、送っていって、私が準備している間にトコトコと離れて行き、他の子に溶け込んで遊んでいます。迎えにいってもこっちを見てニコニコ笑うだけで泣いて寄ってきたりしない。他の子は1週間たってもまだ預けられるときは号泣してるのに、愛情不足なのかな。私が寂しくなってしまっています』

投稿者のママによると、同じ1歳児クラスに入った男の子4人は、毎朝「ママー」と泣いているとのこと。「慣らし保育=泣くもの」と思っているママからしたら、「泣かなくて助かる」と思う反面、「ママがいなくても平気なの?」「もしかして、子どもにとって自分は必要ないと思われている?」と心配になってしまいますよね。

気づいてなかっただけ?後から泣く子どもも……

もしかしたら、新しいおもちゃやお友達に夢中で、ママがいないことに気づいていない&気にしていないのかもしれません。その場合は保育園に慣れてきて、状況がわかってきてから「ママがいない!」と大泣きすることもあるようです。

『あとで気づいて泣くパターンもある……。こっちの場合長引く…うちの子(笑)』

『うちは幼稚園だけど4月はニコニコ通ってたのに、5月になってから毎回泣きじゃくるようになって大変だったよ』

泣くのも泣かないのも愛情が足りている証拠

子どもが泣かないのは、「ママとの信頼関係があれば泣かない」「愛情が足りているから泣かない」という意見もありました。「ママは自分のことを迎えに来てくれるから大丈夫」とわかっているからこそ、安心して遊べるのかもしれませんね。逆に「離れて泣くのはママが大好きだから」という意見もあります。ママにとってはどちらも嬉しい意見かもしれません。泣くのも泣かないのもママからの愛情であふれているということですね。

『愛情が足りてるからだよ。うちの子達も初登園の時から泣きもせず、振り返りもせず園バスに乗り込んでいって寂しさもあったけど、先生に「しっかりとした信頼関係があるから離れられるんですよ」と言われた』

『どっちでも愛情沢山だし、信頼関係あるから大丈夫。泣かないから・泣くから、両者とも愛情がないわけではないし。親との信頼関係あるから泣かないことなんだよ。親が大好きだから寂しくって泣いちゃう子、色々だよ』

愛情不足よりも性格の問題

ママと離れて泣く子もいれば、泣かない子もいます。1人目の子どものときは、泣かれても泣かれなくても寂しい思いをするかもしれませんが、2人目以降で性格の違う子どもを見ていると「預けて泣くか泣かないかは、子どもの性格による」と実感できるようになるかもしれません。

『私の娘も1歳児クラスのときはあんまり泣かなくて楽しく保育所に通ってたよ。私も周りの泣いてる子と比べちゃって寂しいなって思ってた。息子が今1歳児クラスに入ってるけど、毎日朝大泣きだよ。本当にかわいそうで毎日ごめんねって思ってる。泣かないで楽しく通ってるのが一番だよ』

『個人差あるよ。うちの娘、最初は全然大丈夫だったのに1カ月たった頃から3才過ぎてもまだ泣いてた。息子はまったく泣かなかった』

『うちの子、旦那にすら預けたことなかったけど、泣かなかったよ。トイレにもついてきてたし、一度も離れたことなかった。その子の性格なんじゃない?』

『うちは長男大泣き、長女泣かず、次女はいまだに泣き続け3年目(笑)。どっちでも愛情たくさんだし、信頼関係あるから大丈夫! うちは末っ子は儀式のように泣く(笑)。泣いてても、私が見えなくなったら泣き止むから問題なし』

子どもが楽しんでいるなら大丈夫

預けて泣かないと、ママとしてはちょっぴり寂しい感じもしますが、「楽しく遊べているならそれはそれでよし!」と思っていいでしょう。

『ちょっと寂しい気もするけど、楽しんでるのはいいことだと思ってますよ。泣きわめいて辛そうにしてるよりはマシかな。家に帰ると甘えん坊なのでたくさん甘えさせてます』

『ごはんもおやつも食べられているので、泣きわめくよりは安心と思っていた方がいいのかもしれないですね』

『ラッキーと思っていればいいよ。子育てなんて悩みがポンポン出てくるんだから、わざわざ自分から悩みを作り出さなくてもいいと思う』

子どもを預かる側の保育士の意見

子どもたちを預かる保育士の立場からの貴重な意見です。ママからしたらいろいろと心配になるところですが、たくさんの子どもたちを見ている保育士からの意見は貴重です。

『託児でたまに保育する側だけど、泣かない子もたくさんいます。楽しく遊んで、お母さんのお迎えに全力で喜んだり、照れたり』


慣らし保育で「毎朝大泣きされて困る」というママがいる反面、「まったく泣かなくて、かえって寂しい」と感じるママがいたり。ママも子どもと一緒で、子どもが泣かないことを心配になるのは性格によるところがあるかもしれません。慣らし保育の期間はなにかと心配しがちですが、半年もたてば「あのときは大変だったよね~」という笑い話になっているかもしれませんね。

文・間野由利子 イラスト・ゆずぽん

関連記事

「おもちゃはあるのに、娘がいない」保育園の「慣らし保育」はママにとっても試練だった #ママの心の葛藤
激戦の保活を終え、いよいよ保育園生活がスタート! まず保育園では「慣らし保育」から始まるのが一般的です。 ※「慣らし保育」とは子どもが段階を踏んで少しずつ保育園に慣れるための期間のことで、数日...
保育園生活を終えママたちの感謝の気持ちがあふれた一日……先生、ありがとう。ママ、パパお疲れさまでした。
4月、新年度の始まりですね。3月の最終日は保育園の最終登園だったということで、ママスタBBSには最後の登園についてのママたちの声があふれていました。 通い慣れた園とのお別れ まだ赤ちゃんだ...
「親と離れてかわいそう」ではなかった……初めて保育園へ子どもを預けた日
6月のある日の午前中、たくさんの車が行きかう大通り。はち切れそうな大きなお腹を抱えた私は、泣きながら歩いていました。 初めて娘を1人で保育園へ預け自宅へ帰る、その帰り道でした。 片時も離れ...
参考トピ (by ママスタジアム
慣らし保育で全然泣かない娘