いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

新連載<決められない男>旦那の不倫相手が「既婚と知らずに騙された」と主張してきて【第1話】まんが

うちは旦那が単身赴任をしています。私は高校生から小学生までの子どもを4人育てながら忙しく過ごす日々。しかしある日、帰宅した旦那の口から驚きの言葉が飛び出しました。
訴えられた旦那1−1

訴えられた旦那1−2

訴えられた旦那1−3
不倫相手は飲み会で知り合った20代後半の独身女性だとのこと。彼女の実家がうちの隣町にあったことから、同郷のよしみで話が盛り上がって意気投合したそうです。旦那は最初「自分は独身だ」と嘘を言い、既婚がバレてからも「絶対に妻とは離婚するから」と言っては関係を継続していたのです。私は呆れてものが言えませんでした。

第2話へ続く。

原案・ママスタコミュニティ 作画・猫田カヨ 編集・井伊テレ子

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

猫田カヨの記事一覧ページ

関連記事

<決められない男>旦那の不倫相手が「既婚と知らずに騙された」と主張してきて【第2話】まんが
前回からの続き。旦那の不倫相手の女性から、自宅に内容証明が届きました。彼女の主張は「既婚と知らずに騙された」というもの。私はすぐに単身赴任先の旦那を呼び戻して問いただしました。 ...
<怖い女の正体>義弟の婚約者が豹変……「デキ婚のくせに」「結婚式に来るな」【第1話】新連載まんが
私は2人の子を育てる29歳の専業主婦です。旦那の弟が結婚することになり、両家の親族での顔合わせがありました。義弟は25歳で、婚約者のサキさんは37歳とのことでした。 サキさんは私...
「子どもおろして」「妊娠前に別れたらよかった」旦那の言葉が忘れられない。私の選択は【前編】まんが
私はいまだに旦那の失言を許せません。それは私が1人目妊娠中のときのこと。旦那が突然……。 家族のことをまったく考えておらず、父親の責任感もない旦那の発言をきっかけに喧嘩に発展。 旦那は捨て...