いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

小さなバッグだけで身軽!「ママひとりのお出掛け」の過ごし方とは #産後カルタ

IMG_2228

ママになると、妊娠前のように身軽に出かけることが難しくなることがあります。原因の1つは赤ちゃんを連れて行くための荷物です。単純なように見えますが、ママは赤ちゃんとお出かけするとき、まず天気を調べ、気温を調べ、赤ちゃんに最適な服装をさせることからお出かけの準備をしています。自分の準備は最後の最後、というママも少なくないでしょう。赤ちゃんの準備が済んだら赤ちゃんの着替え、おむつ、おしりふき、ミルクの場合は哺乳瓶など……。限りなくママが持たなくてはいけない荷物は増えていくのです。

そんな風に赤ちゃんとの外出は気苦労が絶えません。たまには一人で外出したいな、と思うこともあるでしょう。ママたちは身軽なお出かけできるとき、何をするのでしょうか?

ひとりでお出かけする機会を得たママから質問が寄せられました。

『息抜きに一人でお出かけ。二人目出産前に旦那にみてもらって一人で一日出かけようと思うのですが、みんななら何しますか?』

子ども連れでは行きにくい場所へ!ただぼーっとする!ママたちの「ひとり時間」の過ごし方

『息抜きにランチはどうですか?』

『ランチして映画みてカフェ行ってぼ~っとする』

『美容院行ったり、ネイルしたり、顔のエステとか行って、子連れでは入れなさそうなんランチをする』

ママたちからは、産後ひとりでお出かけする機会があったとき、子どもと一緒では入りにくい場所に行く、というコメントが寄せられました。おしゃれなカフェや映画館などはなかなか子どもと一緒では入りにくいイメージがあるのかもしれませんね。ネイルやエステなどはママひとりでなくては難しい場所といえるでしょう。裏を返せば、ママはカフェや映画、ネイルやエステを日頃から我慢している、ということにもなりますね。カフェや映画、ネイルやエステに行かなくても困ることはありません。しかしこれらは、いわゆる「命の洗濯」、人生に必要な息抜きの時間でもありますよね。

いけないこと?ひとり外出に「罪悪感」を抱くママたちへの、先輩ママからのアドバイスとは

ひとり時間を得ることになったママたちの中には、「子どもを預けてママである自分が息抜きしてもいいのか?」と罪悪感に似た感情を抱く人もいるようです。しかし先輩ママたちからは心強いアドバイスが寄せられました。

『いいよ。ゆっくりしてきちゃえ』

『ダメじゃない。気分転換した方がいいよ』

『少し買い物に行くくらいでしょ? 気分転換しておいでよ!』

『わかる。五分でいいから一人にしてって思っていた』

『産後1カ月、赤ちゃんのオムツ買いに近くのドラッグストアまで1人で行った! 1か月ぶりの外出!1か月ぶりの1人の時間にドキドキしたの覚えている。10分でも20分でもいいのだよね。気分転換してきていいと思う』

ママたちが望む「ひとり時間」とはカフェやネイル、エステではなくてもいいのかもしれません。ただ、ほんの少しだけ、赤ちゃんのお世話から解放されたい、と願っているのでしょう。産後1ヶ月の気分転換の外出がたとえ赤ちゃんのオムツを買いに行くことであっても、ママにとっては充分に気分転換となるのですね。

先輩ママたちからは、「気分転換は必要!」という心強いコメントが寄せられました。パパをはじめご家族には、ママがわがままを言っているのではなく、ただ気分転換をしたいだけだということを理解してほしいとおもいます。たった10分程度でもママがひとりきりの時間を過ごすことができれば、ママはまた赤ちゃんのお世話に集中できるようになるでしょう。

赤ちゃんはママひとりの子どもではありませんよね。パパの子どもでもあります。少なくともパパはママの気分転換には協力してほしい、快くママに「ひとり時間」をあげてほしいとおもいます。ママも罪悪感を抱くことなく、パパと協力して育児を乗り切ってくださいね。

文・しのむ イラスト(産後カルタ)・Michika

産後カルタとは・・・コンセプトは「産後のママだからこそ分かる気持ち」。#産後カルタ はママの泣ける、笑える、そんな気持ちを様々な作家が代わる代わる連載していくSNS連載企画です。 #産後カルタ を連載しているママスタのインスタアカウントはこちら
#産後カルタ を見に行く

関連記事

参考トピ (by ママスタジアム
息抜きに一人でお出かけ
わがままですか?