いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

女子力高めの男性が急増中!ママたちの本音とは?

pixta_32894542_M

朝夕肌の手入れは欠かさず、全身の脱毛処理もバッチリ。肌や体型を気にするあまり、外食にでかけてもサラダだけとかカロリーばかりを気にして食べなかったり、日焼けが怖いからと日焼け止めや日傘をさしたり、出かける時はファンデーションを欠かさないなど、女子力高めな男性が増加中。ママたちの反応は?

いいことだと思う

『いいことだと思うけど、男がファンデーションして顔が白かったら幽霊かと思う』

『好きにしたらいい。女が口出さなくていいじゃん』

ファンデーションをしたりメイクをしたりと化粧をして女性化するのはNGだけど、お肌の手入れなどに気を遣うのはアリかも。肌や髪、服装などにまったく気を遣わない男性よりも、毎日お手入れをして清潔感のある男性のほうが高感度は確実に高いと思われます。

どっちでもいい

『すべての男がそうだったら嫌だけど、どうでもいい』

『え? カラコンや、つけま、ファンデまでしてるの? おネエかよ』

『弟がそんなふうになって、しばらくしたらオネェになった。今、外見は女子力の高い妹だ』

外見の性別まで変わってしまうのは考え物ですが、むさくるしい弟から、オシャレな妹になったと思えば受け入れられる!?

やりすぎは、男らしさを感じない!?

『汚いのは嫌だけど、男らしい肉食系がいい。やり過ぎは気持ち悪い』

『「ケーキ作った!」と写送ってきたり、「今度お弁当作って行くね」って言いながら超肉食系。気持ち悪い』

毎日の食事当番をお願いしたい。

『昭和の男児はどこいった?そんなんで女子を守れるのかっ? うちの息子達が将来そんなんなったら飛び蹴りしたいわ! 男たるもの、たくましく強くあってほしい。せめて内面的にだけでもね。いざというときに、女子を守れなくなりそうなフニャ男は勘弁だなぁ~』

『栄養を気にしたり日焼けどめまではいい。でも、ファンデーションで顔が白いのはキモいしなよなよして見える』

肌や健康に気を遣えることはいいことです。

『正直やりすぎはキモい。ファンデに化粧水だとか、お肌ツルツルに剃るとかちょっと引く。友達ならいいけど、男としては完全に見られない。オカマかよーって思ってしまう』

かといって、脂ぎっていたり、肌が薄汚れているのは気になります。

『無理。それならバリバリ肉食の真っ黒に日焼けした土方のにーちゃんの方がだいぶマシ』

『昭和女なので、男はやはり男らしいワイルドな人がいいです。ご飯もガツガツ食べてくれる方がいいし、力のある人がいい』

頼りがいのある男性は、いつの時代も人気ですね。

「清潔感がある人がいい」とは思いつつ、ママたちの間では美容などにこだわりのある女子力高めな男性よりも、昔ながらのたくましいイメージの男性のほうが人気が高そうです。しかし、育児奮闘中のママたちからしたら、「こっちは毎日の育児と家事に追われて、女子力どころか生きるのに必死なのよ!」という感じで、女子力高めの男性は即戦力に欠けるイメージなのかもしれません。どうせ女子力高めになるなら、料理、洗濯、家事、育児全般をこなせるスキルを身につけてほしいものですね、旦那さんに(笑)。

文・間野由利子

関連記事

出掛けるかどうかは気分次第!「AB型の旦那さん」を持つ妻たちの本音とは #夫婦の血液型事情
一般的に、気分屋・変わり者などといわれることのある「AB型」。お付き合いの最中に気付くこともありますが、結婚して子どもが生まれたからこそ分かる血液型の深い部分もあるのではないでしょうか。もちろん血...
他人に興味はありません!「O型の旦那さん」を持つ妻たちの本音とは #夫婦の血液型事情
一般的に、おおらかで平和主義などといわれることのある「O型」。お付き合いの最中に気付くこともありますが、結婚して子どもが生まれたからこそ分かる血液型の深い部分もあるのではないでしょうか。もちろん血...
自由を愛しています!「B型の旦那さん」を持つ妻たちの本音とは #夫婦の血液型事情
一般的に、マイペースで自己中などといわれることのある「B型」。お付き合いの最中に気付くこともありますが、結婚して子どもが生まれたからこそ分かる血液型の深い部分もあるのではないでしょうか。もちろん血...
参考トピ (by ママスタジアム
男性の女子力