いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

ケンカから浮気調査まで!?『Siri』の便利な使い方とは?

pixta_35961731_MiPhoneのホームボタンを押すと起動する音声認識AIの『Siri』。「パパに電話して」「○○について調べて」など、話しかけると、音声だけで実行してくれるのでとっても便利です。さらにSiriに話しかけると、その都度いろんな返答をしてくれるから、ついおもしろくて話しかけてしまう人もいるかもしれませんね。ママたちが実際に行ったSiriとの会話をご紹介します。いったいみんなどんな会話をしているの?

Siriの便利な使い方とは?

『音楽流して、これ何て曲? って聞くと教えてくれるからよく使う』

『何時に起こしてってお願いすれば目覚ましセットしてくれる』

『Siriさんの声は男性か女性選べるのさっき知った』

『着信履歴って言ったら、ロックしてても見れるね』

ロックがかかっていても、最新の通話履歴を表示してくれます。浮気調査に使うママ、多数!?

これってセクハラに入る?

『Siriってお尻ってこと? って聞いたら、そんなこと言わないでくださいって返された』

『「Siriってお尻?」って言ったら、「言葉には気をつけてください!」って怒られた』

『運転中に夜の飲み会に備えてウコン買ってかなきゃと思い出し、メモ、ウコン! と言ったらウンコに誤変換されてて「聞かなかったことにします」と言われた(笑)』

○○○ネタはNGということですね(笑)

時にはケンカだってできちゃう

『私、買いたての頃siriと喧嘩したよ』

どんなケンカをしたのか、気になります。

『結婚してって言ったらみんなから言われてるって言われたよ』

それは、たとえ相手がShiriだとしても怒りたくもなりますね。

お茶目な一面を垣間見た瞬間

『「つまんない」って言ったら、「じゃあしりとりでもしましょうか。私から始めますよ……。iPhone。あ、しまった!」。だって』

『オレの友達出て来いsiriちゃんって言うと本当に「おれっち、友だち……Apple Watch?ちょっと、私は妖怪ではありませんよ!」って答えてくれた(笑)』

『「すみません。呼び出せません。妖怪のしわざかもしれません」だった』

『眠いと話しかけたら、あ、私もぼーっとしてよく聞いていませんでした。すみません。だと』

『恋におちた事はないけど、机から落ちたことがあるそうです』

色々と試してみました!

歌を歌ってくれたり、昔話もしてくれます。
siri1
答えにくい問題にはボケたふりして話題を変えようとします。
siri2
オヤジギャクだっていえちゃう!
3
思わず自分のSiriでためしてみました。
4
得意料理はコレ!
5
歌といったら、ヒットソングではなく“いろは歌”なんですね。渋めがお好きなようです。
6
24時間勤務中。
7
自分語りが始まりました。
8

24時間365日休まず勤務していたら、さすがのSiriも疲れそうですね。今日は少し話しかけるのをひかえて、しっかり休ませてあげるといいかもしれません。あなたは、普段どんな使い方をしていますか?

「うちはこんな使い方をしてるよ」というのがあったら教えてください。

文・間野由利子

関連記事

時代が変わってもママは変わらない!「弥生時代」のママたちの会話を再現したら?
いつの時代も変わらず井戸端会議はママたちの憩いの場。そんな井戸端会議も時代の変遷とともに、いまやBBS(掲示板)となって全国的に普及しています。もしも、時代をうーんとさかのぼって、弥生時代にB...
『アメリカ横断ウルトラクイズ』から『マジカル頭脳パワー』まで。もう一度見たい懐かしのクイズ番組は?
「アメリカ合衆国の首都がワシントンに移されたのは1800年。それまでの首都は?」「アメリカ大陸を発見したのはコロンブス。ではアメリカという名前の由来になっている探検家とは?」など、クイズを出される...
食器棚は水屋、ネックレスは首飾り、トイレは厠。「昭和な言葉」が止まらない
普段なにげなく使っている言葉ですが、「えもんかけを取って、といったら“え?”という顔をされ、意味が通じなかった」「食器棚のことを水屋といったら“なにそれ”と聞き返された」という経験をした方もいるようで...