いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

『アメリカ横断ウルトラクイズ』から『マジカル頭脳パワー』まで。もう一度見たい懐かしのクイズ番組は?

pixta_32891813_M
「アメリカ合衆国の首都がワシントンに移されたのは1800年。それまでの首都は?」「アメリカ大陸を発見したのはコロンブス。ではアメリカという名前の由来になっている探検家とは?」など、クイズを出されると、ついつい答えを知りたくなってしまいませんか。1970年代から一世を風靡し、お茶の間をにぎわした懐かしのクイズ番組、今また再放送をするとしたらどんなクイズ番組が見たいですか?

クイズ番組といったらやっぱりこれ!『アメリカ横断ウルトラクイズ』

『断トツ1位でアメリカ横断ウルトラクイズだね。あの規模の大きさに、高いレベルは見応えある。録画したビデオがまだ捨てずにとってある』

『もう殿堂入りでアメリカ横断ウルトラクイズだわー。どんな難問クイズ番組でもウルトラに勝るものはないって思っちゃう』

『アメリカ横断ウルトラクイズ!小さい頃大好きだった!』

「みんなー!! ニューヨークへ行きたいかぁー!?」「「勝てば天国、負ければ地獄! 知力、体力、時の運! 早く来い来い木曜日!」を合言葉に、1977年から98年まで続いた長寿クイズ番組。1000問以上のクイズに正解しながら最終目的地、ニューヨークを目指すという壮大なクイズ番組に、お茶の間で手に汗握る思いをしながら見ていた人も多いのでは?

あるあるブームはここから?『クイズ100人に聞きました』

『クイズ100人に聞きました。だったかな? 関口宏が司会で「あるある!」とか言いながらパネルを開けていく番組』

「都内に勤務するOL100人に聞きました。答えは○つ。昼休みにオススメの休憩スポットといえばどこ?」など、一般人100人に行ったアンケートの結果を予想する番組。回答をしたあとは、観覧席の観客から「あるあるある!」などの声援が! 関口宏さんの歩き回る名司会も懐かしいですよね。

ブームの火付け役!『わくわく動物ランド』

『わくわく動物ランド。ウーパールーパーとかエリマキトカゲとか』

世界各国から珍しい動物を登場させて、その動物に関するクイズを出題する番組でした。番組で火がつき、エリマキトカゲやウーパールーパーが大ヒットとなったことを記憶しています。常に「子どもに見せたいテレビ番組」ランキングでも上位となり、『わくわく動物ランド』を見て育ったというママたちもいるかもしれませんね。

「マジカルバナナ」ならぬ『マジカル頭脳パワー』

『まじかるバナナーとかやってたやつ。間違い探しとか色々小学生ながらに親と見てて楽しかった』

『私はマジカル頭脳パワーが一番に浮かんだ。マジカル頭脳パワー最後らへんはつまらなくなっていたけどそれまではおもしろかったなー』

「バナナといったらすべる」「すべるといったらスキー」といったように、ノリのよい連想ゲームのような番組構成が人気でした。うまく言葉を思いつかなくて答えで滑りまくったり、リズムに乗れなくてアウトになる人が続出。「マジカルバナナ」の合言葉の印象が強すぎて、番組名と思っている人もいるかもしれませんが、正しくは『マジカル頭脳パワー』です。飲み会の余興などにも使えるとあって、いまだに注目されているようです。

お父さんお母さんが問題で悪戦苦闘!『平成教育委員会』

『平成教育委員会。逸見さんが学級委員だった頃が好き』

有名私立小中学生の入学試験などに出される問題を出題し、大人が悪戦苦闘しながら解いていく姿を見て「大人でも解けないのか~」と思ったものです。難易度が高いクイズ番組ほど、チャレンジしたくなりますね。

こんな番組も見てました!

『よく見たなーと懐かしく思い出すのは100万円クイズハンターだなぁ。商売ショウバイ?アタック25も見ていたな』

『小学生の頃、ヒントでピントが大好きだったなぁ』

『「ゴールデンハンマー」(うろ覚え。柳生博が出てたはず)とか、「クイズ!世界はショーバイショーバイ」とか。マッハ文朱が出てたのとかもおもしろかった。なんだったっけ……。世界の文化をクイズにするのは、勉強になっていいなぁと、幼児の頃から見ていて興味深かったよ』

『IQサプリ、モヤット~。懐かしいな』

『ザ・チャンス だね。伊東四朗がカード見るとき、「ニン」って言ってたの、懐かしいなあ』

『カルトなんとかってクイズも無かった? あるジャンルに詳しいマニアだけを集めてやるクイズ番組。 F1で、ワンシーンだけ見て いつのレースかを当てるとか 難問だらけの』

『昔20年くらい前?にフジテレビでやってた「亀~」って叫ぶクイズ番組知らない? 司会が向坂たつおきさんで。とにかく「亀~」なの』

『ドレミファドン!知ってる?好きなんだが……』

「懐かしい!」というものから「まったく記憶がない」というものまで、盛りだくさんのクイズ番組。世界中の不思議を紹介する『世界・ふしぎ発見!』を思い浮かべる人もいるかもしれませんね。1986年から放送を開始したこちらの番組は、30年以上たった現在でも、放送中という長寿番組。今、小さな我が子が大人になるまでずっと続いてくれたらいいですね。あなたの思い出のクイズ番組はなんですか?

文・間野由利子

関連記事

時代が変わってもママは変わらない!「弥生時代」のママたちの会話を再現したら?
いつの時代も変わらず井戸端会議はママたちの憩いの場。そんな井戸端会議も時代の変遷とともに、いまやBBS(掲示板)となって全国的に普及しています。もしも、時代をうーんとさかのぼって、弥生時代にB...
お金?それとも純愛?「年収1000万円以上」の旦那さんを持つ妻が結婚を決めた本音とは
結婚相手には、どれくらいの年収を望みますか? ママスタBBSに旦那さんの年収に関して率直な質問が寄せられましたので、ご紹介します。 『旦那さんの年収が1000万円以上ある奥さんに質問。年収に...
「ヒットソング」に影響を受けて走り出す人多数!?懐かしくてたまらない「アラフォー世代あるある」とは
普段は20代、30代の若いママの間にうまく溶け込んでいても、ふとした瞬間に年代の差を感じてしまうことも。「若いママと話が合わないのよ~」というアラフォーママ、懐かしの世代ネタを話しませんか? 「テレ...
参考トピ (by ママスタジアム
今までで一番面白かったクイズ番組ランキング