いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

妊活が叶わなかったママに夫がかけた言葉 #あの人に今ありがとう

出産は必ずしも順調なものとは限りません。せっかく妊娠したものの、出産がかなわない方もいます。

今回ご紹介するのは、妊娠中につらい思いをした時に、旦那さんから励ましてもらったママの、心温まるエピソードです。
あなたは誰かに、心の支えとなるような言葉をかけてもらった経験がありますか?

夫と恋人になったばかりの頃から、早く子どもを授かりたいと思ってました

『交際中から、子どもの名前を考えるのが楽しくて、漢和辞典をひいたり、画数を調べて過ごしていました。

結婚して1年。身体を温めたり、ご飯を気を付けたりサプリを飲んだり、自分なりに考えて妊活をしました。 そのかいあってか、授かることができ、夫と抱き合って喜びました。

 

しかし、その子は殆ど成長せず。 検診に行っても「次来たときに成長が見られなかったら手術します」と言われました。 大丈夫だと言い聞かせましたが数日後、出血し流産。 私は帰宅してしばらく目を腫らすまで泣きました。 夫は違う部屋で大泣き。幼い頃から知ってる夫が泣くのを初めて目にしました。 とても悲しかった。

 

立ち直るには1ヶ月程度かかりました。 夫と外を見ながら話しました。 自分をせめる私をみて「君のせいじゃない」と言ってくれても、それでもせめました。 泣きながらベランダで数時間話し、夜空を眺めていると、ふとあの子が見てる気がしました』

b22a538b6395d3506de1456a239895a4_s

『「あの子を忘れてはいけない」と言った私に夫は「忘れる必要もないし、大切に思って良いんだよ」と言ってくれました。

その日以来、夫も私も、些細なことでも「いつもありがとう」「嬉しいよ」「幸せだね」と言い合うようになりました。 そして、「愛してるよ」と今でも言い合います。 お腹に来てくれたことが本当に嬉しくて、初めて宿ってくれたことで色んな経験をさせてくれました。 夫もこんなに喜んでくれる人だとその子が教えてくれました。 何より、命の大切さ、生きていること自体が奇跡だと教えてくれました。 こんな幸せな時間をくれたのに、悲しんでたら、あの子も悲しむんじゃないか? また子どもを望んで、笑顔な私を見せたいと想うと、だんだん前向きになりました。

 

生理があと1回きたら、妊活再開して良いと先生に言われ、 その生理が終わった後に妊娠が判明しました。 先生にも驚かれるほど早く、再び授かることができました。 その子は順調に育って、今は横で寝顔を見せてくれています。 子育てで悩むこともいっぱいあるけど、悩めるのも幸せなことだと思えています。

 

名前は、結婚前から悩んで決めた名前をつけました。

 

娘が元気に生まれてくれて、いつかお腹にきたときの話や、お腹の中での記憶があれば聞けたらなと思っています。 きっと、私が淋しがってたのを見てたのかな?

今は、1度宿ってくれたあの子との思い出と、元気に生まれてきてくれて、沢山笑顔を見せてくれる娘に元気をもらって過ごしています。 夫も毎日助け合って労いの言葉をかけ合ってます。 あの子がお腹に宿ってくれなかったら、些細なことが幸せなんだと思えなかったかもしれません。 いつか私がお空に逝くときには心からありがとうと伝えたい。そして、抱きしめさせてほしいです。 夫も、娘も、あの子も、心から愛してます。(30代前半 女性、加筆・修正の上掲載)』

貴重な体験談をお寄せいただき、ありがとうございました。

文・編集部

【公募】あなたが「元気をもらった話」を教えてください

妊娠・出産、子育てはあなたの想像通りでしたか?

経験してみないと分からない事もたくさんあったのではないでしょうか。

あなたのそのかけがえのない経験をぜひ、出産や子育てに不安をもっている未来のママたちにシェアしていただけませんか?

ご協力よろしくお願いします。

ご自身の体験をシェアする

関連記事

家事育児を「やっているつもり」の旦那へ見せた執念の分担図
そろそろ4月入園の保育園の承諾通知が届くころですね。育児休業中のママたちは、職場復帰の準備を整えているのではないでしょうか。そんなママのもっとも大きな課題は「育児・家事・仕事」をどうやって回していくか...
世界中が涙……すべてのママに贈りたい詩『最後のとき』
数年前からfacebookなどSNSで広まっている、英語で書かれたひとつの詩があります。子育てを経験したことのあるママなら、思わず涙せずにはいられない……。 世界中のママたちが深くうなずき、癒された...
出産時に大絶叫?!思わず叫んでしまったセリフ
出産時の陣痛の痛みや辛さ…それは想像を絶するものがありますよね。ママスタでは出産時に想像以上の痛みにパニックになり、普段なら絶対に言わない思わぬ言葉を思わず叫んでしまった…という方たちが多くいらっしゃいました。今回はそんな後から考えると思わずクスッと笑ってしまうセリフをご紹介いたします!