いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

スカートの裾から見える「ソレ」は……?「思わず二度見してしまった人」とは

pixta_26039731_M街を歩いているとき、会社にいる同僚や上司などの行動を見て、思わず「え!」と二度見したくなるようなことはありませんか? はたまた周りにいる人の意外な一面を見て驚いたり。ママたちが見た「え、こんな人いるの!?」という人とはいったいどんな人でしょうか?

ドロボーなのに、ノリの良さは天下一品

『友達の家にドロボーが入ったんだけど、友達の父親がドロボーと鉢合わせして『ドロボー!』と叫ぶとこを『ブラボー!』と叫んだと、友達から聞いた』

自宅に帰った時にドロボーを鉢合わせをしてしまったら……と思うと、身の毛もよだつ恐怖がありますが、こんなふうに返されたら思わず笑っちゃいそうです!

上品すぎる食べ方から、ありえない食べ方まで

『坊っちゃん育ちの50代の社長。贈答品のまんじゅうに乾燥剤?をふりかけだと思ってかけた』

『パート先のおばさんが残飯のラーメンを手で絞って食べてた』

坊ちゃん育ちの社長さん、昔からおまんじゅうは銘々皿(※)でいただいていたのでしょうか。対してパート先のおばさん。ラーメンを手で食べられる人は、なかなかいないと思われます。育ちの違いが出ますね。

※和菓子などをひとりひとりに取りわけるときに用いる、小さな皿

人は見た目で判断してはいけません

『やくざ系の映画見そうな超強面のおじさん。借りていくのはいつもドラえもん』

顔が怖くてもハートフルな心を持っているのかもしれません。

「車内での魚さばき、歯磨きはご遠慮ください」

『電車の中で魚さばいてた人がいるって』

『電車の中で歯磨きしてるおじさんがいた。歯みがき粉もたっぷりつけて泡だらけ』

電車の中でメイクをしている女性が問題視されることがありますが、魚をさばいたり、歯磨きしたりと、さらに上の次元をいっているようです。「電車内で魚をさばくのはやめましょう」「歯磨きは自宅で」などのポスターを貼らなければいけない日がくるかもしれません。

本屋での立ち読みはご遠慮ください

『何年か前に本屋で必死になってエロ本を立ち読みしていた男子中学生のことを、女子中学生グループが携帯のカメラで撮ってた。女の子達と目があって思わずにやけちゃったけど、男の子のその後が気になる』

エロ本に夢中になりすぎて、写真を撮られていることに気づかない男子中学生。投稿者のママ同様、その後が気になります。

どうがんばっても髪の毛には見えない……

『独身の頃から百貨店で働いているんですが、昔よく売り場に来ていた男のお客さん。頭がハゲなんだけど、頭皮を黒のマジックで塗り潰していた。お話しているうちに、頭に汗をかきはじめて、黒い汁がダラダラ流れていた。油性マジックなら色落ちしないだろうに、どうやら水性マジックだったみたい』

『頭をマジックでテカテカに塗ったおっさんを見たことある』

『マジックで頭を塗ってる人って、よくいるよね』

『ズラではなく明かに黒のフェルトをのっけてる医者』

マジックで頭を黒く塗ってハゲを隠す人は意外と多いようです。フエルトをのせるアイデアもなかなかですが、いずれにしても髪の毛がないことを隠すためにはちょっぴりリアル感が足りないようです。

高齢者が人形をかわいがるワケとは?

『近所のコンビニに行った帰り道、前に上品そうな母娘が二人で歩いてて、娘が抱っこしてる赤ちゃんに二人で話しかけていた。 追い越し際に赤ちゃんに目をやると……。人間じゃなくてお人形でした。急いで目そらした。怖かったよ』

『私もおばあさんバージョンである 。しかもかわいいでしょ?この子。と言われ言葉に窮した』

『私もみたことある。昔、おまつりで。おばあさんが人形ダッコして話かけてた記憶がある』

「人形は子どもの遊ぶもの」と思うかもしれませんが、実は認知症の高齢者とのコミュニケーションがとりやすいなどの理由から、介護用としても使われることがあるようです。怖がらず、理解してあげることが必要かもしれません。

こんな客は入店お断り!

『支払い前のジュースを飲み干し、レジで 「あとこれもね」と言って差し出していた』

支払い前の商品は、お店のものなので勝手に飲むのはNG。

毛のない生き物専門の獣医師

『猫アレルギーの獣医師』

獣医になったら、犬や猫の診察は避けては通れない道。にも拘わらず、アレルギーがあって診られないとなったら、獣医として死活問題かも。そんなときは、毛のない爬虫類などを専門に診るのもアリかもしれません。

スカートの裾から見える「ソレ」は

『私、パチ屋で働いてるんだけど、おばさんのお客さんで、ヒラヒラしたものがついてると報告あって、よくみたらトイレットペーパー!すごく長いの。結局、男の従業員が「お客様、大変申し上げにくいのですがこちらを見てください」と手をそえて教えたんだけど、おばさん見て「あらあら」と言って次の瞬間ブチッ!と、出ていたトイレットペーパーをちぎったって(笑)。そのあと恥ずかしげもなく普通にスロット打ってた』

『独身の頃に通勤電車で見かけたロングヘアーの美人さん。スカートから長いトイレットペーパーが出ていた……』

トイレからずっとひっぱってきて、途中でちぎれたのでしょうか。どこまでつながってきていたのか、気になります。

奇跡的に生還……病院へはお早めに

『ものすごい衝突事故。電柱に車をぶつけて大破。なのに病院にもいかず。後日調べたら肋骨が折れて肺に刺さっていた。どうも痛いと思ったって。痛みに強すぎてびびった。 逆に、くしゃみしたら鎖骨が折れた人も知っている。弱すぎ』

胸部の中でもよくケガをしやすいといわれているのが肋骨や鎖骨。事故などでの強い衝撃はもちろんのこと、くしゃみなどちょっとした衝撃でも折れてしまうことがあります。交通事故の場合は、その場でなんともなくても、必ず病院に行って検査してもらったほうがいいですね。

踊りたくなるほど気分がいい!

『地下鉄コンコースにて。ピボットターンで軸足を変えながら進行するおじさん。リュック&笑顔で』

思わず、踊り出してしまうほど嬉しいことがあったにちがいありません!

春になると、ポカポカ陽気につられて不思議な行動をする人がチラホラ。あなたが最近見かけた「思わず二度見してしまった人」はどんな人がいますか?

文・間野由利子

関連記事

食器棚は水屋、ネックレスは首飾り、トイレは厠。「昭和な言葉」が止まらない
普段なにげなく使っている言葉ですが、「えもんかけを取って、といったら“え?”という顔をされ、意味が通じなかった」「食器棚のことを水屋といったら“なにそれ”と聞き返された」という経験をした方もいるようで...
時代が変わってもママは変わらない!「弥生時代」のママたちの会話を再現したら?
いつの時代も変わらず井戸端会議はママたちの憩いの場。そんな井戸端会議も時代の変遷とともに、いまやBBS(掲示板)となって全国的に普及しています。もしも、時代をうーんとさかのぼって、弥生時代にB...
「ヒットソング」に影響を受けて走り出す人多数!?懐かしくてたまらない「アラフォー世代あるある」とは
普段は20代、30代の若いママの間にうまく溶け込んでいても、ふとした瞬間に年代の差を感じてしまうことも。「若いママと話が合わないのよ~」というアラフォーママ、懐かしの世代ネタを話しませんか? 「テレ...
参考トピ (by ママスタジアム
本当にそんな人いるの!?