いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

「夕焼け空って何色に見える?」小さい子どもの思いがけない答え


先日、友人ママさんとこんな話になりました。
私「今日すごくいい天気だよねー」
友「ほんときれいな青空」
私「だけど、子どもの頃に見てた青空って、もっと青かった気がしない?」
友「するする!ヒマワリはもっと黄色かった気がするし、なんか、世界がもっと明るかったような気がするんだよね、いろいろある中年の気持ちのせいじゃなくて(笑)、単純に視覚的に」

実際、青空は、今よりもっと青く見えていたのでしょうか? それとも、気持ちのせいでしょうか?

8歳くらいの子どもの視力は大人とほぼ同等、でも……

視覚は生後3~6か月で急激に発達し、その後8歳くらいまで緩やかに発達していくそうです。もちろん個人差はありますが、幼稚園年長~小学生くらいの子どもなら、大人と同じような見え方をしているということになります。

<参考>公益社団法人日本視能訓練士協会「こどもの目の健康チェックシート」(PDF

大人になった今と、小学生の頃では、見え方は同じ。しかし子どもの頃は、今より格段に、ピュアにこの世界を感じとっていた気がします。

幼稚園年長の女の子が見た空の色は……?

少し前、年長さんの娘と、カフェでお茶をしていた時の話です。素敵な白い窓から、きれいな色の夕焼けが見えていました。ふと娘に「あの空の色って何色に見える?」と聞いてみたら、思いがけない答えが返ってきました。

少なくとも、私には「オレンジ、水色、白、青、ピンク」くらいしか見えていなかった空の色。
娘は「えーっとね。オレンジ、水色、白、青、ピンク! それからね、黄色、グレー、むらさき、紺色、金色、黒!」

「えー!そんなに色あるんだ?」と驚きつつ、もう一度目を凝らしてみると、本当にそれらの色が空の中にあったのです

大人になると見えなくなってしまうもの、見えているのに無意識にまとめてしまっているもの、なかったことにしてしまうものが、この空の色だけでなく、他にもたくさんあるのだろうなと思いました。

子どもの感性に触れることで、思い出すことがたくさんあります。大人になってしまった私、子育てで素敵な時間をまたもらえたな、と思います。

 

文・yuki 編集・しらたまよ イラスト・こねこねこ

関連記事

ちょっと疲れる?毎日質問攻めの3~4歳児
我が子がまだ言葉の話せない赤ちゃんの頃には、「早くお話ができるようになってほしいな」なんて思うこともあったかもしれません。しかし、おしゃべりが達者になってきた3歳~4歳の頃になると、止まらないお子さん...
「夕飯何が食べたい?」ママの質問に子どもたちが珍回答
今日の夜はどうしよう……と思って「夕飯何が食べたい?」とお子さんに聞くママは多いのではないでしょうか? 子どもの答えとしてママが予想するのはハンバーグにオムライス、スパゲッティあたりでしょうか。どれも子どもの大好物&定番の料理ですね。でも子どもからの返事は、もっと意外なものかもしれません。 思わず笑ってしまう子どもの珍回答、ご覧ください。
頭の中が味噌煮込みうどん!?出産直前に夫に去られたママの質問に学ぶ「しなやかさ」
去年1月~5月、『村上さんのところ』というサイトが期間限定で公開されました。作家の村上春樹さんが、読者から質問や相談を大募集。それに返事を書いていくというスタイルです。 サイトの公開は約...