いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

私の「母乳育児失敗談」に、オランダ人の助産師さんから思わぬ一言

「母乳育児は赤ちゃんとの絆を育む」
「母乳は赤ちゃんにとって完璧な栄養食」
「母乳育児はお母さんの体にもいい」

母乳育児の大切さを病院で聞いてきた日、当時妊娠中の私も、「完全母乳で!」と意気込んでいました。
4EE0A3DB-C870-4BB9-9AAF-73C305767BD7

でも、母乳育児って簡単なものではないですね。

私の母乳育児は失敗

出産後、実際に母乳育児がスタートしましたが、1日15回以上母乳をあげても、なかなか母乳は出てくるようにならず、私は疲れ果てていました。ついには体調を崩してしまい、赤ちゃんを抱きあげることもできなくなってしまいました。

もっと食事に気をつけないといけない、もっと母乳マッサージが必要なのかも、とあれこれ考えてみたものの、体が動かないことにはどうにもならず、代わりに私の母が子どもに粉ミルクをあげるようになりました。まだ小さな赤ちゃんなのに、母乳の出ないおっぱいをすぐに口から離して泣き出してしまい、さびしい思いをしたのが最後です。

母乳育児は完全に失敗した私ですが、子どもは健康に育っていきました。それでも何となく、母乳育児のことは、子どもに対して申し訳なかったような気持ちがありました。

オランダ人の助産師はどう考えた?

今、私が住んでいるオランダの助産師さんに、そんな私の思い出話をしたことがありました。彼女は、もう今は助産師の仕事をしていないのですが、私の母くらいの年齢で、時々自分の母に接しているような気分になります。彼女がこんなことを言いました。

「どっちにすべきか、ではなくて、自分はどうしたいのか、ということよ。ママがリラックスできてハッピーなのが、赤ちゃんにとっては一番なのよ。こうしなくちゃいけない、とか、これはやってはいけない、とか、そんなことばかり考えてもダメなの。私たちは自由なのよ」
21D0D45F-8546-47D8-B84E-CFBAA9231B17

「ママがハッピーになれること」も大事

私は母乳育児を「すべき」と思っていました。いつの間にか「母乳信仰」にがんじがらめになって、リラックスして授乳できていなかったのかもしれません。それで余計に母乳が出なくなっていったのかも、と今は冷静に考えることができますが、当時はそんなことまで思いも及んでいなかったのです。

私は、自分は自由でなかったなぁ、と反省しました。母乳育児がうまくできない人の気持ちは、その人でないとよくわからないかもしれません。母乳がきちんと出る人でも、母乳育児がいつもうまく続けられるとは限りません。大変な時もあるかもしれません。

母乳が赤ちゃんの栄養として一番いいのは確かで、それは確かに正解なのだと思います。でも何が正解か、ということだけでなく、ママがハッピーでいられることも大切にできるといいですね。

文・野口由美子 イラスト・んぎまむ

関連記事

買ってでも飲ませたい? 母乳販売の感染症のリスク【朝ごふんコラム】
「赤ちゃんが生まれても母乳がうまくでない」と悩むママ、いませんか? 母乳には赤ちゃんを守る免疫力があるといわれています。ただ、他人の母乳をあげる場合は感染症リスクもあるので気をつけたいところ。...
母乳は赤ちゃんが貧血になる? 気になる真相
ちょっと理系な育児のsumireです。母乳育児についての意外な情報盛りだくさんの書籍発売を記念しての短期連載、今回は、赤ちゃんの貧血について、書籍から一部ご紹介したいと思います。みなさんは、こんな話を...
子どもとの食事にイライラ、怒鳴ってしまう私が思い出したこと
ある日、当時5歳の息子と2歳の娘との夕食。娘が手で食べ物をいじっています。私はすかさず言います。 「手はやめて。フォーク使って」 娘の隣で、息子は野菜を全く食べません。 「も...