recipe

旬の夏野菜で簡単!カポナータのポーチドエッグのせ

4
旬の夏野菜を沢山使ったカポナータを作ってポーチドエッグをのせてみませんか?
野菜の歯ごたえも、色もきれいに残って美味しいカポナータです。
カポナータを沢山作ったら、翌日はパンにのせて食べたり、オムレツにしたり、ごはんの上にカポナータとポーチドエッグをのせて、お醤油をたら~りさせたカポナータ丼など、いろいろなアレンジができますよ。
カポナータは、イタリアのナポリの伝統料理で、なすをオリーブオイルで揚げ、ズッキーニ、パプリカ、トマトなどの野菜を煮込んだもの。
よく似ているといわれるラタトゥイユは、フランスのニースの料理で、ズッキーニがメインで炒めていくお料理です。

材料 4人分

なす
:3本
赤・黄パプリカ
:各1/2個
トマト
:1個
ズッキーニ
:1本
たまねぎ
:中1個
にんにく
:1かけ
バジル・オレガノ
:適量
塩・黒胡椒
:適量
EXVオリーブオイル
:適量
:4個
:大1
揚げ油
:適量

作り方

1.にんにく、たまねぎはスライス、それ以外の野菜は全て1.5cm角に切っておく。
2.なすは塩をふってあくを出し、水気を拭いてフライパンに7mmほど入れた揚げ油で揚げる。
3.厚手の鍋ににんにくとオリーブオイルを入れて香りを出し、たまねぎを炒める。しんなりしたらパプリカ、ズッキーニを加えて炒め、しんなりしたらトマト、2.のなす、ちぎったバジル、オレガノを加え、塩・胡椒して5分ほど煮る。
4.ポーチドエッグを作る。小鍋に卵の縦の高さ位にお湯を沸騰させ、酢を加える。はしで渦を作り、中央に卵を割りいれ、白身が固まったら取り出す。
5
5.出来上がったカポナータの上に4.のポーチドエッグをのせる。
3

レシピ監修:前澤 由希子
OL時代に各種料理学校へ通い調理師免許を取得。
結婚後、単身イタリアへ留学し料理を学ぶ。
帰国後、都内のトラットリアで修行し、船橋市の自宅で料理教室を開講する。
都内の企業ショールームや雑誌、TV等で料理を制作するほか、企業での講演等を行う。