talentcolumn

窪塚洋介:第4回 彼女がハッピーだったら、それだけで自分もハッピーになる

第4回は、窪塚さんが家族を築く上で大切にしている「伝える」ことについて伺います。 夫婦のケンカは最近減ったと話す窪塚さんが、「忘れられない大ゲンカ」として語ったエピソードは、普通なかなか体験することができない驚きの出来事でした。

■家族の中で、大事なことを伝えるときの方法を教えてください。

しっかり向かい合って話すときもあれば、さりげなく言葉を置くこともある。いつも真剣に向き合います。言葉にして伝えるというのはすごく大事だから、どんなこともちゃんと伝えるべきだし、その方法は伝える内容によって変えています。
窪塚洋介

■「伝える」を大事にしているということは、奥さまへも気持ちをきちんと伝えていますか?

もちろん、幸せにしようと思って結婚したわけだから「愛してるよ」「きれいだよ」って毎日伝えています。
彼女がハッピーだったら、それだけで自分もハッピーになるじゃないですか。

伝えるということで言えば、俺は自分に起こる出来事で動揺するってことはほとんどないんです。自分のことは何があっても大丈夫だと思ってるんだけど、家族に対して起こることには動揺するし、ものすごく心配してしまうんですよ。だからときどきすごく細かいことを言っちゃうこともあります。

■14歳になる息子さんとの間でも、「伝える」と言うことを意識されていますか?

たとえばですけど愛流は14歳なんだけど、俺の14歳の頃と比べるとすごい奥手だなと思うんです。
時代的に男はみんな草食なのかな? でも友達と集まっているとき、好きな女の子の話をしてるっぽいから興味がないわけではないんだよね。
愛流には彼女ができたとか、好きな子ができたとか、そういうことも話してほしくて、俺がなんでもフルオープンにしてきたら、そういうことを俺に話さない子に育ってしまったのかも(笑)。
でもこないだPINKYが「愛流、彼女とかできてもパパに言わないよね?」ってかまかけたら、「うん」て言ってたらしい。「あ、彼女いるんだね」って笑ったことがあります。

■窪塚さんが家族に対して、「伝える」うえで大切にしていることはなんですか?

たくさんあります。挨拶大事に始まり、感謝して暮らそうとか、ピンチはチャンスとか、自分の気持ちひとつで、価値が石ころにもダイヤにもなるとかですね。
今日は真新しい今日だし、時間の価値だったり、1日の価値は毎日変わる。そういう中で生きていると思ったら、家族のフォーメーションだったり、家族に対する気持ちがもっともっとありがたく感じられるんです。

■PINKYさんと窪塚さんは、ケンカすることはありますか?

前からケンカは滅多にしなかったし、妊娠してから最近までは特にないですね。俺の考え方をすごく吸収してくれて、その土台で物事を考えてくれるようになったから、あまり意見の相違がないというか、ぶつからなくなりました。
俺らは俺らのルールの中でしか生きていないから、そのルールに照らし合わせて考えるとケンカになるようなことがないんです。
窪塚洋介

■過去にあった1番大きなケンカ、覚えていますか?

最後に大ゲンカしたのは、結婚してすぐの頃。
すごく珍しいことなんだけどPINKYがベロンベロンに酔ったことがあったんです。まるでSNSのアカウント乗っとりみたいな状態で全く別人になっちゃったんです。
なにか溜めてることがあるんじゃないかなと思って、「我慢してることがあるならしないでね」と言ったんだけど、「我慢してるとかではない」と言いきられたんです。
でもそんなことが2回あって、2回目の時に俺がキレて指輪を捨てて家を出たんです。
3日ほど家に帰らなかったんですけど、PINKYがうちの両親に相談して、実家で話し合いをすることになったんですよ。

■夫婦ゲンカをしたときに、旦那さんの両親に相談できる関係を築かれているんですね。

そうなんですけど、俺にとってはつらいですよ。
「お前30代後半にもなって、親に夫婦ゲンカの仲裁をさせるなよ」ってなったから。
当時、なぜかイベントで東京に来ていた前の嫁と、マネージャーを連れて3人で実家に行ったんです。そこで両親、前の嫁、マネージャーが見ている前で、PINKYとの話し合いをするという不思議なことが起きましたね(笑)。

■すごい状況ですね。ケンカはどのように解決したんですか?

PINKYはただただ謝っていて、でも俺がキレてるという状態だったんだけど、見ている4人は、ただ仲直りしなさいという感じで陪審員という形でいてくれてました。
俺がPINKYに対して言うことに、うちの母親が「あんた、言いすぎよ!」とPINKYのことを守ったりしてね。お、外野から野次来たな?って、でもそういう関係もまた良いよね(笑)。
両親まで巻き込んだケンカをしてから、PINKYは「深酒は一生しない」って約束してくれました。本当に身に染みたみたいで(笑)。


次回は奥さま・PINKYさんの妊娠について伺います。引き続きお楽しみに!

(取材・文:上原かほり 撮影:chiai)

関連記事

窪塚洋介:第3回 今の自分たちの家族の形に、自信と誇りを持っています
第3回となる今回は、窪塚さんが築く「家族」についてのお話を伺っていきます。現在・窪塚さんは奥さんのPINKYさん、前妻との間に誕生した14歳になる愛息子 愛流(あいる)君と、2017年6月に誕生した愛...
窪塚洋介:第5回 33時間の出産を頑張り抜いてくれたPINKYに感動しました
俳優業のみならずレゲエDJ「卍LINE」のほか、ミュージック・ビデオ監督、カメラマン、モデルなど、さまざまな分野へ活動の幅を広げている窪塚洋介さん。2015年に元ダンサーのPINKYさんと結婚され、2...
窪塚洋介:第6回 息子と外を歩くときは、意識して知らない人に道を尋ねたりします
2015年に元ダンサーのPINKYさんと結婚、2017年6月には、PINKYさんとの間に長女あまとちゃんが誕生した窪塚洋介さん。14歳になる長男の愛流くんを含め、4人家族となりました。 インタビ...