life

「お父さん、私とこの子を守ってくれて、ありがとう」

IMG_8279
子育ては楽しいことばかりではありません。ときには辛かったり、くじけそうになったりしてしまうこともあるでしょう。そんなときに、誰かに優しくしてもらったり、励ましてもらえたりした一言を思い出せたら、きっと「また明日もがんばろう」という元気がでてきますよね。あなたには、そんな心の支えとなるような言葉をかけてもらった経験がありますか?

今回ご紹介するのは、ある貴重な体験が、明日への活力につながっているという一人のママのお話です。

意識が朦朧とする中で、亡き父の声が聞こえてきました

出産予定日まであと数日の所で父親が体調を崩し、出産間近の私と同じ病院に入院しました。その時、父は末期癌で余命1か月もつかどうか。とてもショックでした。

出産の予定日も近く前駆陣痛が来ていた私は、父と同じ病棟で仮入院し、毎日朝から晩まで側にいました。入院してから約2週間後、父親の様態は悪化し、そのまま命を引き取りました。

父が亡くなる数日前。担当の医師にお願いして促進剤を使って早く産もうとしたのですが、駄目でした。

前駆陣痛も治まって、父親の通夜も葬式も全部落ち着いてから、また前駆陣痛が来て、入院しました。

しかし、子供がなかなか降りてこなく帝王切開することとなりました。 手術中、大量出血の血圧低下で意識が朦朧とする中、側で亡き父親が見守ってくれてるような気がしました。

「しっかりしろ!しっかりしろ!」という声が聞こえました。

子供が取り上げられ、顔を見た瞬間、父親そっくりでした。

本当に父親の生まれ変わりだと思いました。

無事に生まれてきてくれてありがとう。

父親が守ってくれたんだと思います。

父親が、最後に残した言葉は「しっかり前をみて歩け」でした。

これからも子供と一緒に前を向いて歩いていきたいと思います。

お父さん、見守っててくれて、声を掛けてくれてありがとう。

(30代前半 女性、加筆・修正の上掲載しています)

IMG_8280
貴重な体験談をお寄せいただき、どうもありがとうございました。

文・赤石みお

あなたが「元気をもらった話」を教えてください

妊娠・出産、子育てはあなたの想像通りでしたか?

経験してみないと分からない事もたくさんあったのではないでしょうか。

あなたのそのかけがえのない経験をぜひ、出産や子育てに不安をもっている未来のママたちにシェアしていただけませんか?

ご協力よろしくお願いします。

ご自身の体験をシェアする