talentcolumn

後藤真希(2):第6回 赤ちゃんに会えたのは嬉しいけれど、もうお腹にいないという寂しさもありました

第6回目は、今回のインタビュー直前に発表された「第二子の妊娠」について、お話を伺っていきます。すでに少しお腹が出てきたという後藤さん。妊婦生活と10ヶ月の娘さんの育児の日々を楽しんでいるそうですよ!

■まずは第二子妊娠、おめでとうございます。2人目の妊娠がわかった時のことを聞かせてください

gotomaki2_06_01
年子で産みたいという気持ちがあって、すぐにでも2人目が欲しかったんです。だから検査薬で陽性が出たときは「あぁ!できてる~!」って、すごく嬉しかったです。旦那さんとも、2人目がすごく欲しくて、すぐにでも欲しい!という感じで話していました。旦那さんも妊娠がわかった時、とても嬉しそうでした。

■娘さんは、妊娠がわかってから断乳したんですか?

いえ、実はもっと前にやめたんですよ。娘は3ヵ月健診の時、すでに歯が2本生えていて、授乳する度に痛くなってしまって。もともと混合だったのもあってか、母乳をあまり飲まなくて。早めにふたり目が欲しいという気持ちもあったので、そのタイミングで断乳しました。3ヵ月の終わりまではあげようと思っていたので、そこまでは母乳で、後はミルクにしました。ミルクに切り替えてからは、夜泣きもしないし、夜もぐっすり寝てくれるようになったので助かりました。

■2人目は男の子と女の子、どちらがいいという希望はありますか?

そうですね。一姫二太郎で、次は男の子が良いなぁという気持ちもあります。でも、もし次が男の子だったら、きっとまた女の子がもう一人欲しい気持ちになっちゃうかもしれないですね(笑)。

■後藤さんは4人兄弟ですよね? 3人目、4人目を考えたりすることは?

産めるなら産みたい気持ちもあるんですが、子どもを産むって、半端なく体力を使うんだなって気が付いて。1人産んだだけですでに驚いています。子どもをひとり産むごとに、年齢がガクン!と上がるような気がしませんか?(笑)。だから、うちのお母さんはよく4人も産めたなぁと本当に驚きます。妊娠・出産・育児を経験すると、改めて親のすごさを感じますよね。私が何人産むかはわからないですが、実は後藤家は子沢山家系なんですよ(笑)。うちのおじいちゃんは男11人兄弟で、おばあちゃんは、女8人姉妹なんです。すごくないですか?(笑)。

■第二子の妊娠は、はじめての妊娠と違いがありますか?

前回と比べてつわりが軽いほうです。前回のつらさが100だとしたら、今は20くらい。娘の時は、かなりつらかったんですよね。吐くほどではなかったんですけど、気持ち悪さがずっと続いたり、買い物中に貧血で倒れたりとか、いろいろひどかったんですけど、今回はすごく楽ですね。前回の妊娠の時のつらさを覚悟していたので、2人目はこんなに楽でラッキー!って感じです(笑)。胎動も15週くらいから感じて、一人目の娘の時と比べると早くてびっくりです。妊娠って、子どもによって、つわり1つとっても違うんだと実感しました。

■今回の妊娠で”はじめて感じる気持ち”はありますか?

gotomaki2_06_02
そうですね。実は娘を産んだ後に少し寂しくなったんです。この気持ち、ママだったらわかってもらえるかな? 出産して赤ちゃんに会えて嬉しいんだけど、その反面、もうお腹の中にはいないんだ……という寂しさもあって……。だから、友達が妊娠すると、「いいなぁ!」っていう気持ちになっていたんです。自分も産んだばかりなのにね(笑)。娘の時は、妊娠後期にも辛いことがあったはずなのに、また妊婦である自分が恋しくなるんですよね。妊婦でいることが心地良いのかな?(笑)。妊娠・出産は本当に大変なことだと思います。でも、辛いことも忘れてまた妊婦になりたいと思う気持ちは、きっと人間の本能なんでしょうね。

■親になってはじめて知る感情はありましたか?

成長することを、”寂しい”と感じることですね。もちろん成長は嬉しいんだけど、例えば、娘がもう少し大きくなると保育園・幼稚園とか、外での時間も増えてくると思うんです。そこでいろんなことを吸収して成長していくんだろうけど、私が知らない娘の部分が増えていくんだと思うと「そんなに早く大きくならないで~」って(笑)。すでに成長するのが早いなと思っているくらいなのに(笑)。

■来年の春からは2人育児がスタートします。不安はありますか?

とりあえず、ある程度は覚悟しているという気持ちが強いですね。まだ、全然想像できないので、「やるしかない!」というか(笑)。こんな気持ちで3人目に挑めるかは、まだわからないですけど(笑)。


1人目のお子さんを育てながらの妊婦生活。第一子妊娠の時よりも大変なことが多いと思います。そんな中でも「前回よりつわりが軽い」など、ポジティブな面に目を向けて妊婦生活を楽しめるのは、後藤さん持ち前のポジティブさがあるからかもしれませんね。次回は「ママになって変わったこと」についてお話を伺っていきたいと思います。お楽しみに!

(取材・文:上原かほり 撮影:chiai)