いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<外資系企業の働き方>海外の企業では社長を下の名前で呼ぶ!?外資系企業における上司と部下の関係【ドーモ 川崎友和さん・第6回】

DOMO様06
「やたらフレンドリーに話しかけてくる人がいると思ったら社長だった」そう語るのは、外資系企業の日本法人ドーモ株式会社プレジデント ジャパンカントリーマネージャーの川崎友和さん。日本の企業と比べ、外資系企業では上司やCEOとの距離感や付き合い方がまったく違うといいます。どんなふうに違うのか、詳しくお話を伺ってみました。
DOMO_prof1114

職場を離れたら、上司と部下ではなく対等な付き合いに

――川崎さんは長年外資系企業で働かれていますが、日本の企業と違いすぎて驚いたことはありますか?

川崎友和さん(以下、川崎さん):外資系企業の場合は、日本と比べて圧倒的に距離感が近いですね。日本の場合は、上司と会うときは「敬語はもちろんのこと、姿勢も正して礼儀正しく振舞うべき」というのが一般的だと思います。逆に敬語を使わず、礼儀に欠ける言動が見られると叱られますよね。

英語には「敬語」という概念があまりないので、上司との距離も圧倒的に近くなるんでしょうね。もちろん仕事の立場上の階級ははっきりしていますが、仕事以外のところでは「上司と部下」ではなく、一人の人間としての付き合いになります。

以前、私が海外にある本社に行ったとき、誰かわからないけれどやたらフレンドリーに話しかけてくる人がいたんです。「いったいこの人は誰なんだろう?」と思っていたら、本社の社長だったんですよ。まわりにいた他の社員たちは、彼のことを「ジョン」と名前で呼んでいて、距離感の近さに驚きましたね。

――日本でいったら、社長を下の名前で呼ぶようなものですもんね。

川崎さん:日本の企業の場合、社内にいようと休日に街中でばったり遭遇しようと、社長は社長じゃないですか。でも外資系企業は職場を一歩離れたら、お互い一人の人間としての付き合いになるんですよ。どちらがいいとか悪いとかはなくて、外資系企業の場合は、明確に仕事とプライベートを分けているなと感じた出来事でした。

外資系企業で働いているからこそわかる日本企業の良さは?

――川崎さんは過去に日本企業でも働いた経験があるとのこと。外資系企業と比べて日本企業の良さというのは、どんなところですか?

川崎さん:日本企業、そして日本人の良さは、「ちゃんと説明してしっかりと理解しましょう」というところですね。昔から言われていることですが、日本人はとても真面目なので、業務もミスなく行います。また「社員の満足度調査」などを配布した場合、回答率は100%なんです。お客様に必要な書類を作って渡すとか、契約書を交わすときなども、ひとつずつ丁寧にやるから、ミスが少ないんですよね。そういった意味でも、日本人は安心して仕事を任せられる人が多いと思います。

日本は「もの作りの文化」といわれていて、職人としての誇りや技を持った人がたくさんいます。縦型組織としても非常にしっかりしているので、全体の統制は取りやすいのでしょう。日本人は、物事をひとつずつ積み上げてやっていく、信頼を得ていくっていう行為はすごく優れていると思います。

また日本人は製品開発をする際にもすごく厳しいんですよね。そのため海外からの日本の製品に対する信頼度は抜群に高いです。海外の人がチェックする場合、ちょっと製品に不具合があっても「次はうまくやってくださいよ」的な感じで、それほど細かくチェックしないこともあります。こういった日本人や日本企業の真面目さ、器用さというのは、もっと海外に伝わってほしいなと思っています。

――そういった意味ではドーモのように日本にある外資系企業というのは、日本企業と外資系企業の良さをそれぞれ取り入れていいですね。

川崎さん:そうですね。私たちは外資系企業の日本法人なので、できるだけ海外の良いところを取り入れながら、同時に日本人としての良いところも発揮できます。お互いの良さを組み合わせて独自のモデルをつくれるのは、外資系日本法人の強みになるんじゃないかなと思います。

【人気】の記事:ドーモ 川崎友和さんの記事をまとめてチェック!

取材、文・間野由利子 編集・荻野実紀子

バナー

間野由利子の記事一覧ページ

関連記事

<外資系企業の働き方>勤務地を選ばない働き方は、社員、企業側ともにメリット大!【ドーモ 川崎友和さん・第5回】
コロナ禍になり、家で仕事ができるようになった会社もたくさんあります。そんななかで、以前から「勤務地を選ばない働き方」を行っている外資企業が注目を集めています。外資系企業の日本法人ドーモ株式会社プレ...
<外資系企業の働き方>2人目が生まれて初めて取った「育児休暇制度」【ドーモ 川崎友和さん・第4回】
夫婦共働き時代、「男性の育児休暇」への注目度が高まっています。外資系企業の日本法人ドーモ株式会社では、「パタニティリーブ(男性向け育児休暇制度)」を普及させるために、プレジデント ジャパンカントリ...
<外資系企業の働き方>「妊娠は職場に迷惑をかける」に違和感。ママが働きやすい職場とは?【ドーモ 川崎友和さん・第3回】
「ある女性社員から妊娠の報告を受けた際に、‟迷惑をかけてごめんなさい“と謝られたことがあり、違和感を覚えました」と語るのは、外資系企業の日本法人ドーモ式会社プレジデント ジャパンカントリーマネージ...