いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

husband

<旦那が行方不明>逃げる毎日は気楽か?るみの家にやってきた人物【第16話:旦那SIDE】

120_旦那_藤森スズメ_20201111

前回からの続き。完璧な妻のゆきが息苦しくなり、俺は家に帰らなくなった。たまに帰っても週に数回。あとは少しがさつで自由な考え方を持つ、同僚のるみの家に入り浸るようになっていった。彼女の子どもも俺に懐いてくれ、非現実を味わえる居心地のいい場所になっていった。ゆきに内緒で会社を辞めた日、自宅に帰った俺。リクエストに応じて作ってくれたオムライスを堪能したが、どうにも居心地が悪い。ここは俺の家ではないと、思ってしまった。そしてゆきには一言も告げず、携帯を置いたまま、家を出た。

妻のゆきと子どもたちを置いて家を出た俺。気がつくと、流れ者のように北村るみのところへ来ていた。

すべてを置いて出てきた俺を、北村るみは温かく受け入れてくれた。家事も育児も完璧にこなすゆきといると、いつも負い目を感じていた。頑張らないといけないような気がしていた。良い夫、良い父親でいないといないと、と思っていたんだ。

でも北村るみといると、不思議とありのままの自分でいいんだと思えた。気楽だった。何の責任も負わないこの空間。俺はすっかりダメ人間になってしまっていた。

「サトルさん、今日、何食べる? なんの出前とろうか?」
「たまには作ったり……しないの? 自炊とか」
「うーん……料理苦手なんだけど……サトルさんが言うなら張り切って作っちゃおうかな」
「ありがと」

肉と野菜を炒めたものとスープ。しかし出てきたものは……胃に流し込むのが精一杯な出来の品々だった……。

「ごめんね……やっぱりマズかったよね?」
「……いや……」
さすがにマズいとは言えない。

子どもたちも
「母さん料理苦手だからー(笑)」
と笑う。

そうやって何もせず、北村るみの家で居候をし、子どもたちの勉強を見たり、話し相手になったりしながら、気がつくと1ヶ月が過ぎようとしていた。

相変わらず胃に流し込むのが精一杯な、るみの手料理を食べたり、出前を取ったり、コンビニへ行ったりして過ごした。あんなに嫌悪感を抱いたはずなのに、ゆきの作ったご飯が食べたくなった。

居心地がいいはずのこの家だったのに……楽……なはずなのに……なんだろう……。いつしか逆にモヤモヤが積もるようになってきた。毎日肩にズシンとのしかかる責任が重たくて、苦しくて出てきたはずなのに……肩になにも乗っていないことが無性に不安を掻き立てる。それにあまり体調も良くない……。慣れない食生活のせいもあるのか……?

”自分のしたことが正しかったのか”

と、いう言葉が頭をよぎってしまった。

すると「ピンポーン」とインターホンが鳴った。

宅配か。重い腰を上げて玄関へ行く。「はい」と言いながら玄関を開けたら見たことのある姿が飛び込んできた。そして次の瞬間「ボカッ!!!」と鉄拳が飛んできた。

「お……オヤジ……」

拳を握りしめるオヤジが立っていた。

「この……バカ息子!!!!!! お前はなにやってんだ」
「なんでここ……」
「聞いていることに答えろ!」

驚きのあまり、頭がパニックだ。

「…………ちょっと頭を冷やしてて……」
「頭を冷やすならこれを記入してからにしろ!!!」

オヤジが渡してきたのは、ゆきの名前が記入してある「離婚届」だった。

<編集部コメント>
同僚の家に居候をして、仕事もせずに気が向くままの生活。初めは楽しいかもしれません。ゆきにいいところを見せなくては、ちゃんとしなくてはと張りつめていたものを見ない暮らしは、サトルの心の休息にもなったのでしょう。でも迎え入れた北村るみも、もしかしたらサトルに気を使わせないようわざと大雑把にふるまっていた可能性もありますよね。心のどこかで、ゆくゆくは子どもたちの父親になって欲しいと、願っていたのかもしれません。もし子どもを守るのは自分一人だけというるみの立場だったら、ママたちは何も考えずにサトルを受け入れますか? 現実から逃れた生活を送っていたサトルですが、父の出現によってまた一波乱ありそうです。

【第17話:旦那SIDE】に続く。

文・渡辺多絵 編集・編集部 イラスト・藤森スズメ

バナー
Array

関連記事

参考トピ (by ママスタコミュニティ
Array