いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<義両親は入らないで!>モヤモヤがバレた!旦那の気持ちがわかるから黙ってたのに……【中編まんが】

前回からの続き。数年前、旦那(トモアキ)の転勤で地元を離れ、関東についてきた私と娘のみう(3歳)。しかし4か月前、旦那に辞令がおり、地元に戻ることになりました。そのタイミングで建売住宅を購入することを決めた私たち。しばらくの間、旦那は実家にお世話になり、私と娘は住める環境が整ってから地元に帰ることになりました。けれど先日の内見の際、旦那と義両親が一足先に新居に足を踏み入れていたのです。そのときの写真を見て、モヤモヤした感情が私の心を支配してしまいました。その感情は電話越しでも旦那に伝わってしまったようで……。
202210購入した建売_出力_004

202210購入した建売_出力_005

202210購入した建売_出力_006_fix
理想と現実が違うことはわかっています。旦那がひとりで頑張ってくれたのも、義両親に頼りたい気持ちもわかります。わかるけれど……勝手に事が進められると「私の家」ではないような気がしてしまったのです。
私の言い分はワガママなのでしょうか……?

【後編】へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・物江窓香 作画・べるこ 編集・荻野実紀子

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

べるこの記事一覧ページ

関連記事

<義両親は入らないで!>人生で一度の買い物。言い訳ばかりじゃダメ「後悔しない工夫」【後編まんが】
前回からの続き。数年前、旦那(トモアキ)の転勤で地元を離れ、関東についてきた私と娘のみう(3歳)。しかし4か月前、旦那に辞令がおり、地元に戻ることになりました。そのタイミングで建売住宅を購入することを...
<義両親は入らないで!>念願のマイホームでモヤ!私より先に足を踏み入れたのは……?【前編まんが】
「家は一生に一度の大きな買い物」という謳い文句を見たことがあります。たしかに余程のことがなければ、何度も家を購入することはないかもしれませんよね。大きな買い物であるマイホーム。何か事情があったとしても...
<相続トラブル>ニートの兄に「すべての遺産を渡す」と言う母。私は権利を放棄すべき?【前編】まんが
私は40代後半で夫と子ども(大学生と高校生)4人で暮らしています。先日、実家で母と同居している兄から連絡がありました。 「かまわないけど、お兄ちゃんじゃダメなの?」 「俺は~……仕事もアレだし...