いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

「新しい命が産まれる場所」だけではない。産婦人科の日常をリアルに描いた漫画『透明なゆりかご』とは

透明なゆりかご

産婦人科を舞台にした漫画と言えば、TBS系列でドラマ化もされた「コウノドリ」が思い浮かびますね。このほかにも産婦人科を舞台にした漫画がママたちの間で人気を集めています。

「新しい命が産まれる場所」だけではない。産婦人科医院の「リアル」が描かれた「透明なゆりかご」とは

それが「ハツキス」(講談社)で連載中の『透明なゆりかご』です。この漫画は作者の沖田×華(おきたばっか)さんが、実際に高校生の時に産婦人科でアルバイトをした経験を元に書かれたお話です。表紙をめくると、作者からのメッセージが書かれています。

以前から病院を舞台にしたドラマや漫画に違和感がありました。
私が体験した真実に近い産婦人科医院の物語を描いていこうと思っています。
どうぞよろしくお願いします。

このメッセージを読んだ後、この漫画を読み進めて行くと、確かに今までの日常では目にしないような産婦人科医院の「リアル」が描かれていました。

産婦人科と聞くと、「新しい命が産まれる場所」というイメージを持つ人がいるかと思いますが、この漫画を読むと、たくさんの悲しみがあることを知ります。

特に作者であり、主人公である見習い看護婦・沖田さんが担当することになった、中絶について描かれている回は、深く考えさせられるものがあります。

この漫画で描かれているのは、ハッピーなお話ではありませんが、「命の尊さ」について深く考えさせられるお話ばかりです。

本屋さんで品切れになるほど人気を集めている理由は、本を読むことで理解できることでしょう。

「重い話だけれども買ってよかった」読んだママたちの声

結構重い内容だけど、買ってよかったと思ったよ。中絶の話とか死産、性的虐待の話とかがあります。

性虐待の話、読んだ!泣けた

読みました。泣いてしまいました。子ども二人も産んでいるのに、知らなかった事も描いてありました。

昨日読んだー! 表紙の絵からは想像できないような内容だけど良かった!

今まで知らなかった産婦人科医の日常について描かれた『透明なゆりかご』。ぜひ1度、みなさんも手に取ってみてくださいね。

文・鈴木じゅん子

関連記事

ドラマ『コウノドリ』主人公のモデル・荻田先生が語る!「妊娠・出産」の現状とは
人生において大きな転換期となる「妊娠」。自分の中にもう1つの命がある、この上ない幸せとともに、その責任感で様々な不安を抱える方もいるかもしれません。 ママスタセレクト編集部は、環境省主催の「...
ドラマ『コウノドリ』は最終章へ。ペルソナで働くメンバーの今後は?
(c)TBS 毎週金曜よる10時にTBS系列で放送中の金曜ドラマ『コウノドリ』。産科医療の現場をリアルに描いたドラマとして、初回から前作を上回る視聴率で好スタートを記録し、放送のたびに大きな反...
ドラマ『コウノドリ』キャスト再集結! 新シリーズへの意気込み語る
10月13日(金)よる10時スタート、TBS系金曜ドラマ『コウノドリ』(初回15分拡大スペシャル)の初回放送に先駆けて、都内にて特別試写会&舞台挨拶が行われました。 「命が誕生する奇跡」...
参考トピ (by ママスタジアム
透明なゆりかご 産婦人科医院看護師見習い日記