いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<2人目産め攻撃>意地悪された過去「孫との幸せな今を見せつけたい」【第3話まんが:義母の気持ち】

前回からの続き。数年前の話です。私は60代の主婦です。近所に住む長男のダイチ夫婦に3ヶ月前、ツムギちゃんが生まれました。すでに長女のところに孫が2人いるので、これで孫は3人目。今後もどんどん増えていくのが楽しみです。私自身なかなか授かれず苦労をしたので、嫁のリナさんには「若いうちにポンポンと産みなさい」とアドバイスしています。しかし……。

03_01_03

私は長女のところの孫2人を毎日預かっているので、孫育てはお手のものです。ツムギちゃんのお世話が増えたところでどうということはありません。それに私がリナさんに妊娠をせかすのは、つらい思いをした自分の経験があるからです。

【3話②】義母に二人目催促される

もっともっと増やして、「うちにはたくさん孫がいてみんな仲良しなんです」とさんざん高笑いしたい。孫たちに囲まれて慕われている幸せなおばあちゃんの姿を見せつけて、義姉に思い切り悔しい思いをさせてやりたいのです。
その日もリナさんに電話をかけ、用件のついでに「早く2人目を作りなさい」と声をかけました。すると……。

【3話③】義母に二人目催促される

私はそれまでのいきさつをリナさんに話しました。若い頃、子どもがなかなかできなくて義姉に意地悪されたこと。しかし今は立場が逆転し、孫の数で義姉に勝っていること。リナさんは黙り込んでいます。でも舞い上がった私の勢いは止まりませんでした。ちょっと自分の願望を正直に言いすぎたでしょうか。でも義姉に意地悪された悲しい過去と、その義姉に今は勝っているという充足感、きっとリナさんならわかってくれると思います。

【第4話】へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・大島さくら 作画・なかやまねこ 編集・井伊テレ子

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

なかやまねこの記事一覧ページ

関連記事

<2人目産め攻撃>言いたい放題の母「孫を催促」受け止めなければいい!【第4話まんが:夫の気持ち】
前回からの続き。数年前の話です。俺はダイチ。3ヶ月前に娘・ツムギが生まれたばかりです。母さんはすっかり舞い上がって妻・リナに「早く次の子を!」と急かします。一方リナは「2人目は4~5年空けたい」と思っ...
<2人目産め攻撃>「次の子は?」まだ産後3ヶ月「ポンポン産みなさい」グイグイ義母【第1話まんが】
数年前の話です。私・リナは、地元の会社で2歳上の夫・ダイチと出会い職場結婚。現在3ヶ月の娘・ツムギの子育てに奮闘中です。出産した病院では上のお兄ちゃんやお姉ちゃんがお見舞いにきている姿を見て、ツムギに...
<同居!嫁姑問題?>義両親との生活スタート!得をしてるの夫だけ「私の休みは??」【第1話まんが】
私(ようこ)は夫(としや)、そして5歳と2歳の子どもと暮らしていました。ちょうど半年前に私の育児休暇があける時期、夫は仕事が多忙になり土曜日も出勤が多い状態に。住んでいる地域は子どもが小学校に上がって...