いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<シニア世代のマウント合戦>「きれいなパジャマが欲しい……」周りの目を気にする義母【前編まんが】

これは2018年のお話です。義父が亡くなり一人暮らしをしていた義母は、80歳になったのを機に施設に入りました。旦那はひとりっ子。ゆくゆくは義母の介護をしなければならないと思っていたので、内心、義母の決断にホッとしました。
01_01_11

義母が入居した施設は、わが家から車で30分ほどの場所。そう遠くないこともあり、週末に時間があるときには訪ねるようにしています。毎回フルーツやお菓子を手土産にもっていくのですが、ある日義母から「きれいなパジャマを買ってきてほしい」と頼まれました。いつも清潔な服装を心がけている義母でしたが、オシャレにこだわりをもっていた印象はありません。パジャマにこだわるなんてヘンだな、と思いつつも……。
シニアになってもマウント合戦1-2
義母は今の施設に入ってまだ半年ほどです。何かトラブルでもあったのかと、心配になりました。

01_03_05
シニアになってもこんなことばかり気にする人がいるなんて……やっていることが稚拙すぎてあきれてしまいました。教師をしていた義母は、人一倍陰口や自慢話で場を乱そうとする人を毛嫌いしています。たしかに私も、そんな人が多い場所を終の住処にするのはかわいそうだと思い、「探してみますね」と義母に言って施設をあとにしました。それにしてもシニアになってもくだらないことばかり言う人がいるなんて……老後の実情を知り、なんだかウンザリしてしまいました。

中編へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・rollingdell 作画・林檎りん 編集・荻野実紀子

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

林檎りんの記事一覧

関連記事

<シニア世代のマウント合戦>可哀想な高齢者と思われたくない?行動の裏にある心理……【中編まんが】
前回からの続き。これは2018年のお話です。義父亡きあと、義母がみずから施設に入ってくれてホッとしていた私。しかし義母は入居から半年が経ったころ、施設内での陰口やマウントなど、入居者の稚拙なやりとりに...
<高齢ドライバーを説得>77歳義父「新車を買うぞ!」え!?免許返納はしないの……?【前編まんが】
数年前のお話です。わが家は私(恵子)と旦那(智也)と高校1年生の娘(優香)の3人家族です。ある晩、テレビで「高齢者の運転する車がコンビニに突っ込む」というニュースを見て、旦那と「前にも同じようなニュー...
<60歳の母に彼氏?>世間知らずでお嬢様気質の母「引き取って面倒見たい」私の思い【第1話まんが】
数年前の話です。私は子育て中の専業主婦ミチエです。近所に住む60歳の母(サユリ)とは大の仲良し。よく子どもの面倒を見てもらい、育児の愚痴なども聞いてもらえて助かっています。4年前に父が亡くなってから、...