いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<独身女性の老後>目が覚めた!46歳早め終活「残りの人生、プランを考えなければ」【第4話まんが】

前回からの続き。私の名前はアリサ。バツイチで子どもはいません。老後の面倒は弟の子どもたちに見てもらおうと思っていたのですが、母から「完璧に老後の準備をしてから、平身低頭お願いしに行かなきゃダメよ」と叱られてしまいました。「親戚なんだから、いざとなれば甥や姪が助けるのが当然でしょ?」と思っていた私は、間違っていたのでしょうか……?
4-1老後は甥か姪に

まんが-1

まんが-2
4-4老後は甥か姪に老後のプランを考えているうちに、海外旅行なんて言ってる場合じゃなくなってしまったことに気づきました。ああ、私は何もわかっていなかったんですね……。でも老後まで、まだしばらく時間があります。今できることを考えて、少しずつ行動にうつしていきたいです。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・大島さくら 作画・善哉あん 編集・Natsu

【つぎ】の記事:<アポなし義母>「無理……」しょっちゅうわが家にくる!自分の家のようにあがってくる!【前編まんが】

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

関連記事

<ペット逃亡事件!>2世帯同居の罠。義姉の子が、娘の大事なペットを逃がした……?【第1話まんが】
わが家は2世帯同居。1階に義母、2階に私たち家族が住んでいます。2世帯同居と言っても、お互いの部屋に鍵を掛けているわけではないので、家族は誰でも1~2階を行き来できます。 肩乗りするくらい懐いていて...
<独身女性の老後>「甥や姪に面倒を見てもらいたい!」私の考えはおかしいですか?【第1話まんが】
私は昔から病気らしい病気をしたことがないし、体力もあるし、このままいけば長生きしそうです。老後だって、弟のトシキがいるから大丈夫。なぜならトシキには……。 母の何とも言えない表情...
<義妹の地雷>何が失敗?「うんうん、だよね」会話に共感していたら……急に怒った義妹【前編まんが】
数年前の話です。私はユミコ、旦那の家業を手伝いながら二人の子を育てる30代です。ある日近所に住む義妹のマリカさんが娘のマユちゃんを連れて遊びにきました。マリカさんは旦那の弟の奥さんで20代半ば、年は少...