いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<高2息子の反抗期>「母親だから、逃げてはダメ」?反抗期は誰しも通る道なんだから【第5話まんが】

前回からの続き。次男ヨウタの壮絶な反抗期に限界を感じ、「お母さん辞めてやる!」と家出をした私。ビジネスホテルに泊まりながらも、結局考えてしまうのは家族のことでした。たくさんの想い出が詰まった「育児」を振り返りながら、ヨウタから暴言を吐かれる現実とのギャップに悲しくなってしまいます。
5話1【全9話】母親はロボットではない。息子の壮絶な反抗期_出力_013

5話2【全9話】母親はロボットではない。息子の壮絶な反抗期_出力_014

5話3【全9話】母親はロボットではない。息子の壮絶な反抗期_出力_015
友人の言葉は正しかったです。母親が子どもから逃げ出してしまうなんて、やはり情けない話だったかもしれません。私も何度も後悔しました。ただあのときの私には、それしか逃げ道はありませんでした。けれど「逃げ道」を探すこと自体が間違っていたのでしょうか……? 友人の言葉は私の心の「痛いところ」と突いてきました。

【第6話】へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・まゆか! 編集・木村亜希

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

まゆか!の記事一覧ページ

関連記事

<高2息子の反抗期>家出した母親への言葉。親もひとりの人間「家出して心リセット」【第6話まんが】
前回からの続き。壮絶な次男ヨウタの反抗期に限界を迎えた私は、とうとう家出をしてしまいます。そんなとき、友人と会った際に言われたのは「今すぐ帰るべきだ」という言葉でした。どんなことがあっても、母親は子ど...
<高2息子の反抗期>「マジ死ね」「消えろ」暴言を吐き続けられ、母の心もう限界……【第1話まんが】
次男ヨウタの壮絶な反抗期に、私はもう限界でした……。高校に入ったあたりから、少し遅れて反抗期がはじまりました。切れ味抜群の刃物のように、毎日激しい暴言が繰り返されていました。 自...
<中3息子、100万円無断使用!>親のクレジットカードで勝手に!私に嘘をついた?【第1話まんが】
ある日、手持ちのクレジットカードが限度額オーバーで使えなくなり、カード会社に問い合わせたことから、中学3年生の長男・駿によるカードの使い込みが発覚しました。 駿はリビングに置いている私のカバンか...