いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<高2息子の反抗期>家出した母親への言葉。親もひとりの人間「家出して心リセット」【第6話まんが】

前回からの続き。壮絶な次男ヨウタの反抗期に限界を迎えた私は、とうとう家出をしてしまいます。そんなとき、友人と会った際に言われたのは「今すぐ帰るべきだ」という言葉でした。どんなことがあっても、母親は子どもから逃げてはいけない――友人の言葉に、私は自分が情けなくなってしまいました。そんなとき、もうひとりの友人が話し始めます。
6話1【全9話】母親はロボットではない。息子の壮絶な反抗期_出力_016

6話2【全9話】母親はロボットではない。息子の壮絶な反抗期_出力_017

6話3【全9話】母親はロボットではない。息子の壮絶な反抗期_出力_018
友人の言葉のひとつひとつが私の心に沁みわたり、軽くしてくれました。少しリフレッシュして、また頑張ろう。もう一度子どもたちと向き合い直そう、そう思うことができました。こうして、私は友人たちとの大切な時間を経て、再びビジネスホテルに帰ったのでした。

【第7話】へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・まゆか! 編集・木村亜希

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

まゆか!の記事一覧ページ

関連記事

<高2息子の反抗期>母の家出に焦る俺……「弟の反抗期が原因じゃ?」【第7話まんが:長男の気持ち】
前回からの続き。壮絶な次男ヨウタの反抗期に限界を感じた私は、家出を決行しました。しかし家族から離れて想ったのは、やはり家族のことでした。友人とのランチを経て、だいぶリフレッシュした私は、そろそろ家に帰...
<高2息子の反抗期>「マジ死ね」「消えろ」暴言を吐き続けられ、母の心もう限界……【第1話まんが】
次男ヨウタの壮絶な反抗期に、私はもう限界でした……。高校に入ったあたりから、少し遅れて反抗期がはじまりました。切れ味抜群の刃物のように、毎日激しい暴言が繰り返されていました。 自...
<中3息子、100万円無断使用!>親のクレジットカードで勝手に!私に嘘をついた?【第1話まんが】
ある日、手持ちのクレジットカードが限度額オーバーで使えなくなり、カード会社に問い合わせたことから、中学3年生の長男・駿によるカードの使い込みが発覚しました。 駿はリビングに置いている私のカバンか...