いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

husband

<夫婦の危機!>【後編】旦那を誘う同僚女性に呆れる。でも優柔不断な男性のほうにも問題が!?

カジュアルなビジネスシーン
前回からの続き。投稿者さんの旦那さんが務める会社に、何やら厄介な女性(Aさん)がパートとして入社してきたようです。既婚者と知りながら旦那さんに好意を寄せ、隙あらば食事に誘い、誕生日にはプレゼントまで準備していたのだとか! 旦那さんが嫌悪感を抱いていることを、奥さんである投稿者さんに話したことをキッカケに明るみになったこの事実。投稿者さんの味方となるママたちが、さまざまなアドバイスを寄せてくれたのでした。

旦那さんの言い訳に喝!

さて、これまで何度も食事に誘い、投稿者さんの旦那さんに断られ続けてきたAさん。しぶというえ、強気でめげる様子がありません。Aさんも自分に自信があるからこそ誘い続けるのでしょうが「誘われた際の旦那さんのかわし方にも問題がある!」と、ママたちは指摘します。

『「2人きりで食事は嫁に怒られるわ~」とか言っているの? そんなヘラヘラと断ってるから、旦那はしつこく迫られるんだよ!』

『きっぱりと「無理!」って言えばいいのに、なんで「嫁が~」とか言うんだろう』

『そんな断り方じゃ意味ないよ! 「奥さんには黙っていればいいじゃないですかぁ~」って返されるよ?』

毎日顔を合わせる同僚だからこそ、物事を穏便に済ませたい旦那さんの気持ちもわかります。しかし「嫁」というパワーワードを使っておきながら、効果的に発揮されておらず、むしろ意志の弱さが垣間見えてしまう断り方に、ママたちはチクリと物申します。

旦那さんなりの配慮があるからこそ……!?

『なんだかんだ、旦那も言い寄られて嬉しいんでしょ。旦那がキツーくきっぱりと断らないのが悪い!』

『家庭ではAさんの文句を言いながら、職場ではつけ入るスキを与えている旦那もどうかと思う』

『モテる男はつらいよアピール?』

『気持ちが揺らいでいるから投稿者さんに相談しているとか。女が引いたら旦那はその気になると思う』

「本当にお誘いを嫌がっているのなら、旦那さん自身で何とかするでしょ」とママたち。ママたちの指摘は鋭いですね! しかし旦那さんがきっぱりと断ることができても、Aさんとは毎日顔を合わせることになるはずです。すると当然、仕事もやりにくくなってしまう可能性がありますよね。都合よく第三者である妻を理由にすることで、旦那さんは日々、うまいことやり過ごしていたのかもしれませんね。

本当に困っているのならば、旦那さんが行動すべき!

「妻として、Aさんに連絡をし、釘を刺したほうがよいのか?」と疑問に感じ、トピックを作成してくれたであろう投稿者さん。しかし投稿者さんが出ずとも、旦那さん側に対応の余地はまだまだありそうな気もします。

ビシッと断ろう!

『「仕事以外のことで関わりたくない」「迷惑」と、はっきり言おう』

『「今後2人では食事に行くことはないし、頻繁に誘われるのも迷惑」ってキッパリ拒否する!』

これまでは「嫁に怒られるから」などと、自身を擁護しながら断り続けてきた旦那さん。それでは「奥さんが怒らなければ本人(旦那さん)は嫌がっていない!」とAさんに捉えられてもおかしくないはず。そろそろビシッと断りましょうか!

上司に現状を報告!

『女からのセクハラみたいなもんだよ。上司に相談しておこう』

『上司への相談実績を作っておいて。相手が実力行使に出たときに、ちゃんとこちらの言い分が聞いてもらえる下地は必要だよ』

旦那さんがAさんのお誘いを断り続けた結果、Aさんが逆上してしまい「セクハラされた!」「パワハラだ!」などと、根も葉もないこと言いふらされてしまう可能性もあるかもしれません。旦那さん自身の仕事や立場を守るためにも、外堀を埋めておく必要がありそうですね。話しやすい上司や同じ部署の同僚にも伝えておくことで、さらに身を守ることができるのではないでしょうか。

何が起きるかわからない!不測の事態に備えよう

旦那さんや投稿者さんは「厄介な人に好かれてしまったなぁ」と感じているいっぽうで、トピックを読むママたちとしては「自分の身近には居てほしくない」と心底感じるAさんの存在。今後のAさんの行動が予測できないこともありますが、実は旦那さんもまんざらではないとしたら……。

『日記つけたほうがよくない? 旦那さんがAさんに言われたことや些細な出来事でも記録しておいたほうがいいかも』

もしも、もしもの話ですが、旦那さんとAさんが不倫に走ってしまう可能性もゼロではないのかもしれません。そんな不測の事態に備え「さらなる予防線を張っておいたほうがいい!」とママたちは提案します。いざというときの証拠を集めておこう、ということですね。ただでさえ子育てや家事に仕事と日々大忙しなママ。厄介な女性の存在で頭を悩ませている暇なんて、本来はないはずなのです。旦那さんがビシッとした態度を見せてくれることで、1日も早く状況が改善されることを願っています。

文・吉岡可奈 編集・Natsu

吉岡可奈の記事一覧ページ

関連記事

<夫婦の危機!>【前編】まさかうちの旦那が狙われた!?既婚男性に好意を寄せる同僚女性を退治したい
恋愛をするのは個人の自由でしょう。しかし相手が既婚者だとしたら、話はずいぶんと変わってしまいます……。旦那さんが職場の女性からちょっかいを出されていることを知ったママが、ママスタコミュニティに胸の...
<育児疲れた>【前編】ワガママや口ごたえばかりで子育てがつらい!報われる日は来るの?
みなさんは子育てに楽しさを実感していますか? 学生時代に友達とカラオケにいくような、大人になってから友人とお酒を飲みに行くような、ワクワクした気持ちを育児に感じますか? ただただ楽しんでいた若...
<家族を捨てたい!?>【前編】旦那に突然「俺らしく生きたい」と離婚を告げられた!なにそれ?
結婚はきっと、「生涯この人と一緒にいたい」と思うからこそするのでしょう。これから先もずっと一緒にいられることを疑わず、子どもをもうけて、それからどんな老後を過ごそうかと今から楽しみにしているご...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
旦那が職場のパートシンママに狙われてる模様