いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<理不尽な義両親?>幼い頃から横柄だった両親が……「謝って欲しい」【第4話まんが:息子の気持ち】

前回からの続き。俺の名前はソウタ。会社員です。妻ヒトミと、娘と息子の四人家族です。
今年のお盆、帰省しなかったことで母と口論になってしまいました。
父も母も昔から短気で、俺や兄貴は子どもの頃からいつも怒られていました。
高圧的で自己中。周りの人間が……とくに子どもたちが自分に従わないと気が済まない人たちでした。
今までずっと我慢してきたけれど、両親は歳をとるにつれてその気質がどんどんエスカレートしていき……ついにはヒトミも巻き込んでトラブルになってしまいました。
その結果「親子の縁を切る」と激昂されたので、もういいやと思い、それ以来実家と関わるのをやめました。
疎遠にされて困るのは完成_第4話_001

648529_02
疎遠にされて困るのは完成_第4話_003
疎遠にされて困るのは完成_第4話_004

疎遠にされて困るのは完成第4話_005
疎遠にされて困るのは完成_第4話_006母から「ごめんなさい」という言葉を聞くのは、生まれて初めてだったかもしれません。
これをきっかけに少しずつ、両親と俺、そしてヒトミや子どもたちとの関係も変わっていけたらいいなと思っています。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・大島さくら 作画・久坂さくら 編集・木村亜希

【つぎ】の記事:<子を叱れない親>保育園で子どもが噛まれた「私が逆の立場ならもっと言うのに……」【第1話まんが】

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

関連記事

<怖い義母……>家業を継ぐ旦那と結婚「しっかり頼みますよ」私の手を握ってきた義母【第1話まんが】
今から5年前のお話です。4歳年上のタツヤとは友人の紹介で知り合いました。優しく思いやりのあるタツヤと、互いに結婚を意識するのに時間はかかりませんでした。タツヤはいずれは会社を辞めて家業を継ぐつもりでい...
<理不尽な義両親?>予定があり、お盆に帰省できない「顔を出さないのはあり得ない」【第1話まんが】
私の名前はヒトミ。平日はフルタイムで働く主婦です。 中一の娘ユナと、小六の息子ダイチというふたりの子どもがいます。義実家は同じ県内にあり高速で一時間ほどの距離です。 今までお盆休みは毎年義実家...
<嫁は召使い!?>義姉が不慮の事故……義母「介護のために仕事やめて」【第1話まんが:嫁の気持ち】
これは数年前のエピソード。私の名前はナツミ。とある地方都市で看護師として働いており、中1の長男・カケルと小5の次男・ツバサ、ふたりの息子がいます。夫のユウトは医薬品会社の営業マンで、今はカナダに単身赴...