いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<30歳娘の婚活事情>見守りたい……けど口を出したくなる「マッチングアプリは?」【第2話まんが】

前回からの続き。今から3年前の話です。30歳になる一人娘のマヤが結婚相談所に登録し、婚活をはじめました。正社員からアルバイトになったことや、年齢のことで、将来に不安を感じたようです。ただ、紹介してもらった人は娘に合わない人ばかり。おまけに娘の将来の夢を非難する人までいて、私はどうにかせねばと思い、親戚に相談しました。
コミック002_001

コミック002_002
娘は職業柄もあって、いつもキレイにしていて、清潔感があります。仲介人は娘の容姿については理解してくれているんだ、と思いました。ただ「30歳にしては」なんて、仲介人さんの感覚は大丈夫かなと訝しく思いました。

コミック002_003
いろいろ気になる点がありますが、娘の婚活です。
娘の意思を尊重してあげなければと、もう少し見守ることにしました。

【第3話】へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・rollingdell 作画・ちょもす 編集・木村亜希

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

ちょもすの記事一覧ページ

関連記事

<30歳娘の婚活事情>「将来開業したい」夢を語るのはタブー?対応に不信感を持つ私【第3話まんが】
前回からの続き。今から3年前の話です。30歳になる一人娘のマヤが結婚相談所に登録し、婚活をはじめました。正社員からバイトになったことや、年齢のことで、将来に不安を感じたようです。ただ、紹介してもらった...
<30歳娘の婚活事情>「心が折れた……」一人娘の婚活が前途多難で心配で仕方ない!【第1話まんが】
今から3年前の話。私は30歳になる娘の母です。一人娘のマヤはまだ実家にいて、私たち夫婦と一緒に暮らしています。そんな娘が最近、婚活を始めました。 娘は元々アロマセラピストとして働いていましたが、...
まんが【前編】婚活中の友人「誰か紹介して」キャリアと結婚と出産 本当の理想はどこに? 揺れる心
前のめりにお願いしてくるレイコに、私は「うーん、ちょっと探してみるね」と返答しました。 その後、夫や私の仕事先、学生時代の友だちなどをたどり、2人の男性「Aさん」と「Bさん」が候補にあが...