いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<育児への価値観>「誰か助けて!」育児に悩む私を救ってくれたのは【第5話まんが:ママ友の気持ち】

前回からの続き。一人息子のトキの子育てに悩んでいます。とくにお友だち相手に手を出してしまうのをやめさせたいです。先日も久々に会った里美ちゃんの息子裕也くんに手を出したので叱ったのですが、トキは謝りません。一生懸命に子育てしているつもりです。何が悪いのでしょうか。もうどうしたらいいのかわかりません。
5-1

里美ちゃんには、手が出てしまう息子をもつ親の気持ちなんてわからない。おまけに「まだ5歳じゃない」なんて言われて、私の叱り方まで非難されます。自分の子を優先させるかのような発言と私の叱り方への口出しに腹が立ち、電話しながら少し言い合いのようになってしまいました。悔しいし、悲しいです。子育てなんてぜんぜん楽しくない。思い詰めると涙が出てきます。
5-2
園長先生に声をかけられ、少し泣きそうになってしまいます。私は園長先生に息子の手が出てしまうことや自分の思い、里美ちゃんとのあいだにあったエピソードを話しました。

5-3
息子をちゃんと育てないと! と気負いし、いっぱいいっぱいでした。一歩引いて息子や自分の気持ちを考えられる余裕がなかったように思います。先生に話を聞いてもらうだけで少し落ち着きました。近しい仲ではないからこそ、言葉を素直に受け入れられた気がします。
子育てとは、思いもかけない人からの思わぬ言葉に助けられることもある。そしてその助けは、母親だからと我慢せず、誰かに求めてもいいのだなと思えました。トラブルを避けて親子でずっとこもっていたら、かえって悪循環になっていたのかもしれません。まずはクラスのお遊び会などに参加させてもらいつつ、少しずつお友だちとの遊び方を学んでいけたらいいなと思っています。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・rollingdell 作画・りますけ 編集・荻野実紀子

【つぎ】の記事:<娘の結婚に反対デス!>「結婚します」娘の成長に涙。しかし婚約者が……問題アリ!【第1話まんが】

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

関連記事

<悪口大好き!義母>新婚時代、義実家訪問でびっくり!ストレス発散?止まらない義母【第1話まんが】
ウチの義母は「誰かの悪口」が大好きです。誰かれ構わず悪口を言っては、その場にいる人たちに同調を求め、ストレスを発散しているようです。 口を開けば誰かの悪口。結婚したばかりのころはとても驚きま...
<育児への価値観>罰を与えるママ友「謝れないなら遊びは終了!」教育方針に困惑……【第1話まんが】
これは半年前のエピソード。私(里美)は5歳の男の子(裕也)のママです。先日、引っ越してしまったママ友ミユキちゃんとミユキちゃんの息子トキくんとひさびさに会う約束をしました。おそらく半年ぶりです。子ども...
<怖い女の正体>義弟の婚約者が豹変……「デキ婚のくせに」「結婚式に来るな」【第1話まんが】
これは5年くらい前のお話です。当時、私は2人の子を育てる29歳の専業主婦でした。旦那の弟が結婚することになり、両家の親族での顔合わせがありました。義弟は25歳で、婚約者のサキさんは37歳とのことでした...