いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<義母、親切の押し売り?>イベントのたびにケーキを買う義母。断ることを決意【中編まんが】

前回からの続き。数年前の話です。わが家は旦那と小学2年生になる息子・智樹と3人暮らし。義実家が近くにあるのですが、イベントのたびに義母がケーキを勝手に注文するのが最近の悩みです。旦那や息子の誕生日、クリスマスや子どもの日はもちろんのこと、運動会や発表会の日など、月に一回はケーキを理由に私たちを呼び寄せてくるのです。イベントのたびに掛かってくる義母からの電話。毎度毎度イヤな気持ちにさせられてしまうのは、思いのほかストレスを感じてしまいます……。
ケーキを買ったから家に来なさいと4

これについて旦那は「もう少しの辛抱だから……」と言って真剣に取り合ってくれません。
ケーキを買ったから家に来なさいと5
私はもうオブラートに包まず、ハッキリ言おうと決めました。街でクリスマスの雰囲気が賑わいはじめだしたころ、ここは先手と義母に電話しました。
私:「あ、お義母さん。今年のクリスマスに智樹とケーキ作りをしたいと考えているので、もしケーキを用意しようと考えていたなら結構です……」

ケーキを買ったから家に来なさいと6
今回のことで義母と縁を切るようなことも考えていません。たまになら義実家でケーキを囲んでもいいと思っています。義母に「良かれと思ってしたことを!」という気持ちがあるのは百も承知です。でも相手のことを考えずに強要するのは、厚意に見せかけたただのエゴなのではないでしょうか? 誰かがムリをしたり、我慢したりすることで成り立つ関係なんて不健全だし、そんな関係はきっといつか壊れてしまうはず。無理なく対等な関係が一番。これからも家族で過ごしたいと思ったときには無理をせず、自分の気持ちに正直に、ほどよい距離を保ちながら付き合っていけたらと思っています。

【後編】へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本:rollingdell 作画・いちと 編集・荻野実紀子

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

いちとの記事一覧ページ

関連記事

<義母、親切の押し売り?>息子家族に会う口実の「ケーキ」断られた【後編まんが:義母の気持ち】
前回からの続き。数年前の話です。息子家族はわが家の近くに住んでいます。息子のマサオは、嫁のケイコさんと小学2年生になる智樹の3人暮らし。 そうか、うちに来ても楽しめるものがないからたまにしか...
<育児を丸投げママ>義姉が家にくる週末がツラい「いい母親になれるよ」に嫌悪感【第1話まんが】
5年くらい前の話です。私は大久保サナエ、24歳です。夫とは2年前に結婚をし、義実家で同居をしています。日中は仕事をして、夕方に帰宅。義母と一緒に料理をしたり、夫や義両親と食事をとったり……、義両親との...
<義母、親切の押し売り?>「ケーキを買ったから来なさい」行事のたびに呼び出し【前編まんが】
数年前の話です。わが家は旦那のマサオと小学2年生になる息子・智樹と3人暮らし。義実家が近くにあるわが家には、ひとつだけ大きな悩みがあります。それは……。 しかし最近、最低でも月に1回は「ケー...