いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<義父の余命宣告>「なんで子どもたちに言っちゃったの?」伝えたのは間違いだった?【第3話まんが】

前回からの続き。「もって数ヶ月というところですね」と、突然突きつけられた義父の余命宣告。子どもたち2人(小学一年生と幼稚園児)にそのことを伝えると、大好きなおじいちゃんに会えなくなると大泣きし、少し不安定になってしまいました。義父の最期に会わせるかどうか、私は悩みます。帰宅した夫に相談すると……。
義父3-1

予想もしていなかった言葉が返ってきました。夫は続けます。
義父3-2
夫:「そもそも俺は、なんで親父が死ぬってことを子どもたちに言っちゃったのかなとすら思っているよ」
私:「えっ?」

義父3-3
義父の余命宣告を受けたとき、私は子どもたちにも伝えた方がいいと思ったのですが、夫は伝えなくてもいいと思っていたようです。子どもたちに伝えないという選択肢がなかった私は、夫の言葉に驚いてしまったのです。

第4話へ続く。
原案・編集部 作画・んぎまむ 編集・荻野実紀子

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

んぎまむの記事一覧ページ

関連記事

<義父の余命宣告>おじいちゃんに会わせる?子どもたちに伝える?伝えない?私の選択【第4話まんが】
前回からの続き。ある日義父が体調を崩し、緊急入院することになりました。すると医師からは「もって数ヶ月というところですね」と、余命宣告を突きつけられてしまいます。悩みましたが、おじいちゃんっこの子どもた...
<義父の余命宣告>大好きなおじいちゃんが天国へ。子どもたちに伝える?伝えない?【第1話まんが】
私には小学一年生と幼稚園の子どもがいます。先日、体調を崩して義父が緊急入院しました。すると医師から……。 夫「全身に転移していて、もう長くないらしい」 義父の余命を知った私は、残酷な事実を受け...
<育児を丸投げママ>義姉が家にくる週末がツラい「いい母親になれるよ」モヤモヤする【第1話まんが】
私は大久保サナエ、24歳です。夫とは2年前に結婚をし、義実家で同居をしています。日中は仕事をして、夕方に帰宅。義母と一緒に料理をしたり、夫や義両親と食事をとったり……、義両親との関係は良好でした。そう...