いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<専業主婦を馬鹿にする家族>一人暮らしをし理解した母の苦労「ごめん」【第3話まんが:娘の気持ち】

前回からの続き。大学進学でこの春から実家を出ました。一人で暮らしてみると、普通に暮らすことの大変さがよく分かりました。
専業主婦の私を馬鹿にする家族【3話 娘side】01

専業主婦の私を馬鹿にする家族【3話 娘side】02
私は母のためを思って言ったつもりでした。いつも家にいて、お世辞にも小ぎれいとは言えない服装をして……なんだかかわいそうな気がしただけなのです。
その後も母の生活スタイルは変わりませんでした。いつからか私は母が家でダラダラ過ごしているだけのように思えて、嫌悪感を覚えるようになっていました。

_専業主婦の私を馬鹿にする家族【3話 娘side】03
一人暮らしをして、母が家で何もせずに過ごしていたわけではないことが分かりました。
毎日の繰り返し、終わることがない家事……それを一手に引き受けていた母が、家から出る気力を失っていたのも今なら理解できます。
私の言葉に母はきっと傷ついたでしょう。できれば母に謝りたい。でも実家を出た今、なんのきっかけもなしにこんな話をするのは正直難しいです。父との関係も冷え切っていたし、母はどうしているだろう……。

【第4話 家族の今後】へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・子持ち鮎 作画・まゆか! 編集・木村亜希

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

まゆか!の記事一覧ページ

関連記事

<専業主婦を馬鹿にする家族>まだ修復可能?「歩み寄る」という選択を【第4話まんが:家族の今後】
前回からの続き。わが家は私と夫、そして娘の3人家族です。娘が進学で家を出たので、私は時間をもてあますことが増えました。専業主婦の私を馬鹿にする夫に長年耐え忍びましたが、関係は冷えきり、今では家庭内別居...
<専業主婦を馬鹿にする家族>気づけば家庭内別居状態。日常が虚しい……【第1話まんが:妻の気持ち】
わが家は私と夫、そして娘の3人家族です。 夫は食卓にお惣菜が並ぶのをイヤがりますが、利用するのは多くても週に2回くらいです。専業主婦とはいえ体調が悪かったり、食事の支度が億劫になるときにお惣菜に...
<義実家の恒例行事に絶句>「わざとだよ」嫁のモラルを「試す」義祖母が怖い……【前編まんが】
私たちは昨年結婚したばかりの夫婦です。旦那には80代になるおばあちゃんがいて、義両親と一緒に暮らしています。 旦那のおばあちゃんである義祖母はいつも優しくニコニコしています。しかし昔は商店を切り...