いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<人は見た目も大切?>中学の娘がイケてない!美意識を大切にしたい私と娘の心【第3話:母の気持ち】

前回からの続き。中学生の娘は洋服やメイクなどに全く興味がなく、私がいろいろ提案しても「面倒くさい」と返されて終わります。どうにかして目覚めてほしいのに……。そう思うのは私自身が中学生の頃、努力すれば変われることを実感した体験があるからです。
3-1 (1)

私が中学生の頃は「もっとかわいくなりたい!」という一心で、鏡を見て表情を研究したり、雑誌を読みあさって勉強したりしました。確かに持って生まれた容姿は変えられないかもしれないけれど、意識と努力を大切にすればかわいらしくいられると思うのです。こんなにも娘のことを考えているのに……。
3-2 (1)
つい感情のままに責めてしまい、娘は怒って自室にこもってしまいました。夕食のとき、「ごめん、ママが悪かった」と言いましたが完全無視です。娘が口をきかない日はしばらく続きました。

3-3 (1)
部屋から出てきた娘は私に対し、きっぱりとした口調で伝えたのです。
娘「ママが服やメイクがすごく好きなのは知ってるよ。でも今の私は興味がないの」
私「うん……そうか。ママの好みを押し付けてしまっていたね」
娘「それにイケてるとかイケてないとか、見た目で言われるのホントイヤなの。イケてたらどうなの? 見た目だけかわいく見せて男子にモテて、誰かと付き合って。それが本当にママの望むことなの?」

娘の方がよほどしっかりしていました。自分が恥ずかしくなってしまったくらいです。反抗期になってからあまりじっくり話す機会はありませんでしたが、娘は周りに振り回されることなく自分の考えで生きようとしていたのです。まさか娘に諭される日が来るとは……反省しかありません。

第4話へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・rollingdell 作画・うーにゃ 編集・井伊テレ子

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

うーにゃの記事一覧ページ

関連記事

<多様性を認める>私も「外見を大事にする人」をバカにしていたかもしれない【第4話:娘の気持ち】
前回からの続き。ママから「もうちょっと美意識を高くして、ユイ(私)にはイケてる女子になってほしい」と言われてすごく腹が立った私。「ママは私のことを何もわかってくれない」と寂しくもなりました。ママの思考...
<人は見た目も大切?>中学生の娘がイケてない!美容おしゃれに目覚めさせたい【第1話:母の気持ち】
中学3年生の娘がいます。最近は見た目や態度が気になりはじめてきました。娘は色黒で骨太、ゴツく見える体つきでお世辞にも「かわいい」と言われるタイプではありません。でも私が気になるのは、娘自身が「かわいく...
<無償は当然?断りたい!>美容師の私にママ友が「無料で子どもの髪の毛をカットして」【前編まんが】
私は美容師です。ママ友の子どものカットを頼まれることがあります。自分のお店を構えていないのでカットをするときはその人の家に行くのですが……。 厚意でカットしているとはいえ、「お金を払うよ!」と言...