いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<なるほど!>子どもたちに注意しても全く聞こえていない!その原因は意外なところに?【まんが】

わが家には息子が2人います。元気なのはありがたいのですが、とにかく暴れん坊でうるさくケンカもしょっちゅう。何度言っても聞かないときは、低い声で「いい加減にしないと本当に怒るよ」と睨みをきかせることもあります。しかしある日、驚きの事実を知りました。
小松さん01
私は物心ついたころから「落ち着いてるね」「クールだね」と何度も言われてきました。他の人から見ると仏頂面で近寄り難く、普通にしていても「怒っている」ように見えるのだろうなと気を付けてきました。それなのに息子たちは「ん? ママ、怒ってたの?」「聞こえてないよ」と言うのです。

小松さん02
「私の耳が良すぎるから声が小さい」はあくまで旦那の持論ですが、たしかに家族と私ではテレビを見るときの音量が違います。私は3~5の音量で見ていますが、旦那や子どもが見るときはせめて10くらいまで音量を上げたいそうです。
もしかしたら私が「これくらいの声の大きさだったら相手に聞こえているはず」と思っている音量と、周りの人が聞き取りやすい声の大きさに差があるのかもしれません。
小松さん03
小松さん04
これまで自分は「とっつきにくい」タイプだろうと思っていたので、挨拶には人一倍気を使ってきました。何かあれば自分から声をかけたり誘ったり、相手の話を聞くときはしっかり頷いたり、自分なりに努力はしてきたつもりです。
でも子どもが私の注意を聞かないのも、挨拶をした相手に無視をされるのも、もしかしたら「私の声が小さすぎる」のが理由の一つだったのかもしれません。嫌われているわけではなく単に聞こえていなかったんだと思うと、少し気がラクになりました。これからはしっかりと大きめの声を出すことを意識していきたいと思います!

脚本・rollingdell 作画・小松 編集・井伊テレ子

【つぎ】の記事:<動かないパパ>子連れのお出かけ準備、旦那は忙しい私を見ているだけ!率先して動くには?【まんが】

※この漫画は個人の体験談を元に作成しています。

関連記事

【渡る育児は鬼きたる!?1話】平和主義だった私が鬼になる瞬間。男の子3人のドタバタ育児 #最強ママ
私は35歳の兼業主婦です。家事を担いながらも3児の子育てと仕事に追われる日々です。 一般家庭の父と母のもとに生まれ、何不自由なく大切に育てられてきました。人生のモットーは「平和」。世の中は目をそむけ...
<ママ友は旦那の元カノ>私だけ知らなかった、歪んだ関係――出会いと希望【第1話】新連載まんが
私は5年ほど付き合った旦那と結婚をし、旦那の地元に新居を構えました。旦那はとても子煩悩で、家族のために懸命に仕事を頑張ってくれます。しかし私は旦那の地元で育児をすることに孤独を感じるようになってしまい...
<介護か離婚か>「長男の嫁だから」と義父の介護を押し付ける旦那とそのきょうだい【前編】【まんが】
私の旦那は3人きょうだいの長男。きょうだいみんな結婚しており、同じ市内に住んでいます。 実はつい先日、義父が「軽度の認知症」と診断されました。義父はまだ本格的に介護が必要ではないようですが、病院の付...