いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<中2息子のスマホチェック>私は過干渉?反抗期とわかっていても口出ししてしまう【後編まんが】

前回からの続き。これは数年前の話です。中学2年生の息子の反抗的な言動が気になり、勝手にスマホを覗いてしまいました。そんな私に夫がつきつけた「過干渉」という言葉。私は過干渉な親なのでしょうか……。
過干渉2-1 (2)モヤモヤした私は、ネット掲示板に投稿してみることにしました。家事などを済ませて数時間後に掲示板を覗いてみると……。

過干渉2-3 (4)
なかでも心に刺さったのが……。

過干渉2-3 (3)
よかれと思ってやっていたことでしたが、そこには「息子をコントロールしたい」という私の支配欲があったのかもしれません。子どもを自分の理想の型にはめようとするのではなく、ひとりの人間として付き合うということに気付かせてくれた夫と、ネット上でアドバイスしてくれた方に感謝です。まだまだ未熟な親ですが、子どもの成長とともに私も成長していきたいと思います。

原案・ママスタコミュニティ 文、作画・はなめがね 編集・Natsu

【つぎ】の記事:<子どもの気持ちを考える>「仲良くしちゃダメ」ママ同士のケンカに巻き込まれる子ども【前編まんが】

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

関連記事

<反抗期の接し方>叱った仕返し!?冷蔵庫コンセントを抜いた、中学生娘。理由はスマホ【前編まんが】
ある土曜日の朝。冷たい麦茶でも飲もうと思い冷蔵庫を開けたら、庫内が生ぬるくなっていました。えっ……もしかして冷蔵庫、壊れちゃった!? しっかり刺さるタイプのコンセントなので、自然に抜けるとは考えにく...
<中2息子のスマホチェック>私は過干渉?反抗期とわかっていても口出ししてしまう【前編まんが】
これは数年前の話です。中学2年生の息子は反抗期真っただ中。どう接すればいいのか悩んでいます。 心配になって、息子がお風呂に入ってる間についスマホを見てしまいました。LINEを見る限り、お...
<高2息子の反抗期>「マジ死ね」「消えろ」暴言を吐き続けられ、母の心もう限界……【第1話まんが】
次男ヨウタの壮絶な反抗期に、私はもう限界でした……。高校に入ったあたりから、少し遅れて反抗期がはじまりました。切れ味抜群の刃物のように、毎日激しい暴言が繰り返されていました。 自...