いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<発達障害疑いの4歳児>「もう限界!」わが子を可愛いと感じなくなってきた絶望……【後編まんが】

前回からの続き。発達障害かもしれない息子・ハル(4歳)の育児に悩んでいたある日、療育センターの先生に「お母さん、大丈夫ですか?」と声を掛けてもらいました。先生は親身になって、私の話を聞いてくれました。
4歳の息子の発達障害疑い7
自分の気持ちに共感してもらって、自分の気持ちもすんなりと吐き出すことができました。「お願い、私は限界だから誰か助けて」と。

先生:「……いまはハルくんの環境整理が第一だと考えています。環境理解ができなかったり、物事の見通しが立たなかったりすると常に不安な状態になって、イライラ感やパニックを引き起こすことがあるんです」
先生は続けます……。

4歳の息子の発達障害疑い8
私だって死にたくはない。でも死ぬしかないとも思ってしまう。けれど……もし死ななくてもいい道があるのなら……。

4歳の息子の発達障害疑い9
幼稚園の先生も「退園なんてしなくていい、ハルくんは悪くない」と言ってくれたので、そのまま通うことができています。
きっとこれからも子どものことでつらい思いをすることはあるかもしれません。けれども「一緒に頑張ってみよう」と言ってもらえたおかげで、1人じゃないなら頑張れるかもしれないと思うのです。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・物江窓香 作画・いちと 編集・荻野実紀子

【つぎ】の記事:<理解できないママ友>自宅に招いてくれたママ。子どもを放置して家を出て行った……!【前編】まんが

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

関連記事

<戦いの結末は?>発達障害がある姪のサポートのために「受験を諦めろ」と言われた娘【前編】まんが
こんな経緯があり、みかはゆりちゃん一家が嫌いになり「中学受験をしたい」と言い出しました。それには私も賛成です。義実家や義姉にはもちろん内緒でした。 塾に通って着々と準備を始めていたけれど……...
<発達障害疑いの4歳児>「もう限界!」わが子を可愛いと感じなくなってきた絶望……【前編まんが】
私は4歳のハル(長男)と2歳ソラ(次男)の2児の母です。ハルは、ソラのおもちゃやお菓子の空袋、紙切れ一枚でも、全て乱暴に奪って、嫌なことがあると奇声をあげてギャーギャー泣いて癇癪を起こすことがあります...
<怖い女の正体>義弟の婚約者が豹変……「デキ婚のくせに」「結婚式に来るな」【第1話】新連載まんが
私は2人の子を育てる29歳の専業主婦です。旦那の弟が結婚することになり、両家の親族での顔合わせがありました。義弟は25歳で、婚約者のサキさんは37歳とのことでした。 サキさんは私...