いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<発達障害疑いの4歳児>「もう限界!」わが子を可愛いと感じなくなってきた絶望……【中編まんが】

前回からの続き。(4歳の息子ハルは発達障害かもしれない……)そう感じ、育てていくことに限界を感じている私。暗い気持ちのまま療育センターに行くと、「お母さん、大丈夫ですか?」と声をかけてくれた方がいました。先生の言葉に、私はあることを思い出してしまいました……。
4歳の息子の発達障害疑い4
現在通っている療育センターには悩みを相談ができる窓口があります。ですが、子どものことを相談できても自分がつらいという相談はできていませんでした。話したら酷い言葉が口から出てしまいそうですし、それに乳幼児健診などでも「上の子を抱きしめてあげて」、「二人の時間を作って」と言われ、絶望してしまった経験があるからです。子どもを救えるのは私だけ、私を救える人は誰もいない……そう思っていたのです。

4歳の息子の発達障害疑い5

4歳の息子の発達障害疑い6
人前で泣くのは嫌だったけれど、話しているうちに涙がでてきてしまいました。一度話し始めると言葉が止まらず、私の中にはこんなにも外に出せない気持ちが眠っていたのかと、自分でも驚いた出来事でした。

後編へ続く。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・物江窓香 作画・いちと 編集・荻野実紀子

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

いちとの記事一覧ページ

関連記事

<発達障害疑いの4歳児>「もう限界!」わが子を可愛いと感じなくなってきた絶望……【後編まんが】
前回からの続き。発達障害かもしれない息子・ハル(4歳)の育児に悩んでいたある日、療育センターの先生に「お母さん、大丈夫ですか?」と声を掛けてもらいました。先生は親身になって、私の話を聞いてくれました。...
<発達障害疑いの4歳児>「もう限界!」わが子を可愛いと感じなくなってきた絶望……【前編まんが】
私は4歳のハル(長男)と2歳ソラ(次男)の2児の母です。ハルは、ソラのおもちゃやお菓子の空袋、紙切れ一枚でも、全て乱暴に奪って、嫌なことがあると奇声をあげてギャーギャー泣いて癇癪を起こすことがあります...
<介護か離婚か>「長男の嫁だから」と義父の介護を押し付ける旦那とそのきょうだい【前編】【まんが】
私の旦那は3人きょうだいの長男。きょうだいみんな結婚しており、同じ市内に住んでいます。 実はつい先日、義父が「軽度の認知症」と診断されました。義父はまだ本格的に介護が必要ではないようですが、病院の付...