いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

中学生になると何にお金がかかる?不安に思う小学生ママへ大切なアドバイス!

001_節約・貯金・手当て_Ponko
子どもの成長に伴って、必要なお金の額は変わってきます。子どもが小学生のときには多くかからなかったとしても、中学生になったことで環境が変わり、出費が増えていくことなどもありますよね? 今回ママスタコミュニティに投稿をくれたママは、現在小学生のお子さんをもつママ。この先中学校生活で、どれだけのお金がかかるか不安に思っているようです。

『まだ想像ができないのですが、中学生になればお金がかかりますか? スマホや塾は考えていないです。今は、家族みんなでお風呂に入り、家族みんなで同じ部屋で過ごして光熱費も節約しています。やはり年頃になれば、そうも言っていられないですよね? 食費とかクラブに入ったりなどお金のことが心配です』

子どもが中学生になると、部活に入ったり、塾に通ったり、さまざまな場でお金が出て行く機会が増えます。今は日々節約に励んでいる投稿者さんですが、もしかしたらその節約だけでは限界がきてしまう日がくるかもしれません。先々かかってくるお金に不安を抱く投稿者さんですが、実際にどのようなことでお金がかかってくるのでしょうか?

どんなことにお金がかかる?

入学するときに買う制服など一式

『まず入学するのに夏、冬の制服や体操服や通学カバンや上履きなどで10万円かかりました』

『男子か女子か知らないけれど、入学するとき制服や体操服、カバンとかで10万円近くかかる』

中学校に入学する時点で、そろえなければならないものはたくさんあります。制服や上履き、体操服や指定の通学カバンなど、必要最低限であったとしてもさまざまなものが想像できます。「トータルで10万円ほど」といったコメントが多く、実際筆者も子どもが中学校に入学するときには、そのくらいかかったように記憶しています。しかしいくらお金がかかるとはいえ、これらのものは中学校に通う以上そろえる必要があるもの。進学するうえでこの出費は、必ずいることになるのだと考えておいたたほうが良さそうですね。

部活に入ることで必要になるお金もある

『運動部に入ればユニホーム、シューズとかが必要だし、そろいでジャージを作る場合もあるよね』

『部活によりけりだよ。サッカー、野球、剣道などはお金がかかる』

中学校で部活に入ると、専用の道具が必要になり、お金かかることもあります。例えばラケットを使うような部活であれば、貸し出しでない限り、自分でラケットを用意することになるでしょう。他にもユニフォームやお揃いのジャージを購入する必要だって出てくるのかもしれません。部活の種類によりますが、お金がかかる部活があることも心得ておきましょう。

塾代はかかると思っておいたほうがいいかも……

『やはり1番かかるのは教育費。塾代はやっぱり高いよね』

『塾も月謝代と別に受験講習をやって何万円も簡単に飛ぶ』

投稿者さんは今のところ塾に入ることは考えていないようですが、自分で勉強することに限界がある場合もあります。そうなって塾に入ることになれば、毎月月謝がかかるようになってきます。それだけでなく長期休暇には、それにあわせた講習もあるでしょうし、先々の話受験で特別コースか必要になってくる可能性もあります。「中学校へ通う3年間、子どもの教育費がゼロなことはないのかもしれない」とあらかじめ思っておいたほうが、万が一のためにお金を貯めやすいのではないでしょうか?

スマホも持たせることになる可能性があるのでは?

「万が一」ということであればスマホも一緒。投稿者さんは現在お子さんのスマホを考えていないようですが、まわりの環境や便利さなどを考えて、購入を検討しなければならない場合もでてくるのかもしれません。塾代と同じになりますが、「かかるかもしれない」とあらかじめ覚悟しておいたほうが、後々痛い出費にならないと思います。

食欲がアップすれば食費もアップする

『家にいるあいだは頻繁に冷蔵庫をあけて何かを探している。間食用に菓子パンなどを用意しているけれどすぐなくなる』

『食費は上がるー! 女子だけれど、1人につき1万円くらいは上がった。激しい運動部だったり、男子だったらもっと上がると思う!』

中学生になると、食費も増えてきます。筆者にも子どもが2人いますが、中学生になると小学生のときとは比べものにならないくらい、食べる量が増えました。運動部だったことも関係しているのかもしれませんが、ご飯の量は1.5倍ほどになり、おかずの品数も1品、2品増やすことになりました。それに間食の回数も増えました。コメントをくれたママのお子さんのように、冷蔵庫やお菓子が入っている棚をやたら開けていたので、食事だけでなく間食にかかるお金が増えることも覚悟しておいたほうが良さそうです。

洋服など見た目にお金をかけだすことも

『洋服代が思ったよりかかる。あれが欲しい、この服は着たくないとか。今までの服も「ダサいから嫌だ!」と言われたわ』

『服を買えばそれに合う靴とか鞄とか言うし。お気に入りのブランドができて、そこの服しか着たくないとか言うし』

中学生にもなると、ファッションに興味を持ちだすことも少なくありません。小学生のときに着ていた洋服とは違う服を着たくなったり、新しい洋服が出ればそれが欲しくなったりもします。靴やバック、髪型などにも気を遣いだせば、それに伴いお金も必要になってきます。親としては子どもがファッションに目覚めておしゃれになるのは嬉しい反面、お金の心配が出てきてしまう、複雑な心境なのかもしれませんね。

ただ、お金がないからといって、制限ばかりでは……

『塾には行かせない、部活をさせない、スマホを持たせない。今の中学生の遊びをさせなければ可能だろうけれど恨まれるよ』

お金のことを心配に思う投稿者さんに、このようなアドバイスも届きました。お金がかかるならやらせない、この判断をすればお金の心配は軽減するでしょうけれど、子どもの気持ちとして心配になる部分もあります。友達は塾や部活を頑張っているのに、自分だけできない。みんな遊びに行っているのに、自分には行くお金がない。このような決断ばかりさせてしまうと、子どもも切なさや悔しさばかり募らせてしまうのではないでしょうか。もしかしたら後々親を恨むこともでてきてしまうのかもしれません。子どもには今しかできないこともたくさんあります。お金を心配する気持ちも理解できますが、多少子どもの気持ちを汲んであげることも、親として必要なことなのではないかな……と筆者は思います。

今のうちからかかるお金を考えて、貯めたり増やしたりしておこう!

『お金を理由に何もやらせてあげられないのは可哀想だから、今から覚悟して貯めておいたほうがいいよ』

『お金はかかるから、節約するよりパートをするなど収入を増やすほうが早いかも!』

子どもが中学校へ進学する以上、ある程度お金がかかると割り切って、今からお金を貯めてみてはいかがでしょうか? もし貯金ができないのであれば、仕事をして収入を増やすのも解決法の1つになってくるでしょう。「お金がないから心配だし、節約をもっとしなければ!」と不安に駆られて制限ばかりするよりは、どうやったら収入を増やせるのかと前向きに考えたほうが選択肢が多くなることもあります。お子さんの中学校生活はまだ始まっていません。今のうちからコツコツとお金を貯め、なにかしら収入を増やせる方法を考えておいたほうが、これから先明るい未来を描いていけるのではないでしょうか?

文・こもも 編集・古川純奈 イラスト・Ponko

関連記事

中学校入学のために必要なお金が高すぎ……入学準備で何にいくらかかるもの?
入園や入学などで、新年度から新しい生活が始まる子どもたちもいるでしょう。新生活に期待を膨らませてウキウキする子どもとは反対に、ママスタコミュニティにはちょっと憂鬱になっているママがいました。 ...
子育てはお金がかかる……ママたちが「出費が増えた!」とリアルに感じた子どもの年齢は?
「子育てにはお金がかかる……」という言葉は、子どもを持つママなら一度や二度は口にしたことがあるのではないでしょうか。赤ちゃんが産まれる前から赤ちゃんの時期にしか使わないベッドやおむつ、肌着など...
中学生の子どもに「お金がない」と言うのはアリ?家の経済事情を伝えてもいい?
わが子に家の経済事情を伝えたことはありますか? ”本当のところ”を伝えたことで、子どもが不安になったらどうしよう? ごく一般的な金銭感覚からズレたらどうしよう? 裕福な家庭であってもそうでなく...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
やっぱり子供が中学になればお金掛かりますか?