いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<ワンオペでイライラ>子どもに怒鳴ってしまい自己嫌悪。もしや隣人も……?【後編・隣人ママの事情】

前回からの続き。先日、新しい街に引っ越してきました。結婚前のキャリアを生かし、今は在宅で翻訳の仕事をしています。1歳の息子が寝ている間が私の仕事時間。ところが仕事をしていると聞こえてくるのは……。
<ワンオペでイライラ>
このご時世、引っ越しの挨拶は控えたので、お隣のママの顔は知りません。しかし大声で子どもを怒鳴る声が毎日聞こえてくるのです。「子育てが大変なのかな……」とはじめは思っていましたが、毎日続く怒鳴り声にだんだんイライラし始めた私。ベランダからタバコの煙も漂ってくるし、夜子どもが寝静まった後の時間に話し声も聞こえてきます。「全然集中できない!」 アパートの管理会社に苦情を言ったのですが、なにも変わりませんでした。

引っ越してきて2ヶ月が経った頃。急に旦那の単身赴任が決まり、1年間私はワンオペで子育てをすることとなりました。「育児と仕事の両立、がんばるぞ!」と意気込んでいましたが………慣れない日々の疲れからか、風邪をこじらせてしまいました。熱が出て思うように身体が動きません。

<ワンオペでイライラ>
自分でもびっくりするくらい大きい声を発してしまったことに、ショックを隠せませんでした。ふと隣のママのことが頭をよぎります。「もしかしたらお隣さんもひとりで子育てしてるのかもしれない……」このときはじめて、隣のママの大変さが想像できた気がしました。

3「子供に毎日キレて怒鳴ってしまう」隣人ママサイド (1)
後日、私は役所に保活の相談にいきました。この地域は子どもが多いため、保育園や幼稚園に入るのが厳しい地域のようですが、認可外保育園だったら受け入れができるそうなので、検討してみたいと思います。

今度、隣のママに会うときがあったら挨拶だけでもしてみよう。そんなことも思うこの頃です。もしかしたら、仲良くなれるかもしれません。

原案・ママスタコミュニティ 文、作画・善哉あん 編集・Natsu

【つぎ】の記事:<旦那マウント?>「うちの旦那は素敵!」同級生LINEグループが無理……【前編】しのぶの事情

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

関連記事

<ワンオペでイライラ>子どもに怒鳴ってしまい自己嫌悪。友人の話に改善のヒントが【私の事情】
私には3人の子どもがいます。4歳のハルを筆頭に3歳のアキ、そして4ヶ月のナツホ。旦那は独立起業したばかりで忙しく、ほぼワンオペで子育てをしています。ハルだけは認可外の保育園に入ることができましたが、保...
<ワンオペ育児の虚しさ>激務の夫はいつも不在。家族ってなんだろう【前編】まんが
我が家は5人家族です。夫はサラリーマン、私は専業主婦。小3の長女、小1の次女、そして2歳の長男がいます。 夫は仕事がとても忙しく、朝7時に家を出て日付が変わるころに帰宅します。 土日は基本休みですが、...
<ワンオペ問題>「子連れ禁止」幼稚園の役員、仕事は日曜日。子どもの預け先がない……【前編】まんが
幼稚園児のひとり息子を持つママです。この春、夫の転勤で引っ越しました。 辞令が出て2週間で引っ越ししなければならず、たった1日で新居を探し、そこから1番近くの幼稚園を選びました。夫は毎日深夜に帰宅。...