いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<妊娠したい、私の気持ち>友人の妊娠報告。動揺で逃げてしまった。私は謝罪すべき?【中編まんが】

前回からの続き。学生時代の友人たち4人と家族連れで集まりました。子どもはアキとルナには2人ずつ。マコとうちは1人です。会の途中、急にマコが2人目の妊娠を口にしました。私が不妊に悩んでいることは知らなかったにしても、マコの妊娠報告の仕方は配慮がないと、あのときは思ってしまったのです。
妊娠報告に動揺 中1
いつもは穏やかな旦那にそう言われ、ハッとしました。2人目妊娠へのプレッシャーから、私はマコに当たってしまっただけだということに気づかされたのです。マコの報告を祝えなかったこと、ひさびさの集まりで場の雰囲気を悪くしてしまったこと、いずれも素直に反省すべきだったと思います。

その後、アキやルナからはLINEが……。

妊娠報告に動揺 中2
アキと話すうち、私はマコに謝罪をしようと思いました。ただ直接話す勇気はまだなく、まずはLINEで謝ることに……。

妊娠報告に動揺 中3
母になっても未熟な自分がほとほとイヤになりました。しかし私には、あんなに酷い態度をとっても、見捨てることなく助言して見守ってくれる旦那や友人たちがいます。かわいい息子だっているのです。ないものにフォーカスするのではなく、今あるものに感謝していきたいとあらためて思いました。

マコとは前のような関係にすぐには戻れないかもしれません。でもマコが許してくれるなら、「あのときは悪かった」と直接謝罪できる日が来たら……。と今は思っています。そのときに向けて発展途上な自分を見つめ直せればと考えています。

後編へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・rollingdell 作画・春野さくら 編集・Natsu

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

春野さくらの記事一覧ページ

関連記事

<妊娠したい、私の気持ち>妊娠報告で友人が不機嫌に……。一緒に喜んでほしかったのに【後編まんが】
前回からの続き。念願の2人目を妊娠しました。生まれてくる頃には上の子は2歳。希望通りの2つ差のきょうだいに私は舞い上がります。安定期を待って、いろんな人に報告をしました。学生時代の4人組にはすぐにでも...
<妊娠したい、私の気持ち>友人の妊娠報告。動揺で逃げてしまった。私は謝罪すべき?【前編まんが】
少し前のこと、学生時代の友人たち4人と家族連れで集まりました。みんな結婚して子どもがいます。子どもはアキとルナには2人ずつ。マコとうちは1人です。会の途中、急にマコが立ち上がり話し始めました。 ...
<非常識なママ友>親子クラブの備品を売っちゃった!?嘘を重ねたママ友の行く末は【前編】
私が住んでいる市には、どの小学校区にも「親子クラブ」と呼ばれる未就園児親子の集まりがあります。行政や地域のサポートを受けながら、ママたちが自主的に活動しているクラブです。 そんなある日、書記のマ...