いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<裏表が激しい義母>「家族を大切に」と圧をかけてくる義母。だんだん違和感を覚え……【中編】まんが

前回からの続き。ある日、義父の妹ミチコさんから手紙とプレゼントが届きました。「ご無沙汰しているけど元気かしら。ユウくん(息子)によかったら」と積み木を贈ってくれたのです。叔母さんと私は同郷だからか、結婚前から私によくしてくれていました。叔母さんは穏やかな話しやすい人です。息子が産まれてからたびたび息子にプレゼントを送ってくれるのです。
義実家に訪問しているとき、私は「最近、叔母さんにご無沙汰しているから、息子と一緒にあいさつに行こうよ」と夫に言いました。すると義母が横からこう言います。
【完成版】416家族を大切にを連呼する義家族への違和感中01

ミチコ叔母さんの件で、私はものすごく違和感を覚えました。思い返せば親戚の集まりもいつも義母側のきょうだいやいとこばかりです。
【完成版】416家族を大切にを連呼する義家族への違和感中02
しばらくして、実母から祖父が体調を崩して入院したと連絡がありました。

【完成版】416家族を大切にを連呼する義家族への違和感中03
すると、義母からLINEがあります。私は事情を説明し、「行けない」といったにもかかわらず……。
「次の週末はうちに来る約束だったじゃない?」
みんなというのは義母のきょうだいとその家族です。いつも集まっていていつでも会えるのに、病気の祖父より優先しろなんて信じられません。夫すらも怒りを抱き、私たち夫婦は義母の要望に応えないことにしました。

後編へ続く。
脚本・rollingdell 作画・Ponko 編集・秋澄乃

※この漫画は知人の話を元に作成しています。

Ponkoの記事一覧

関連記事

<裏表が激しい義母>「家族を大切に」と圧をかけてくる義母。だんだん違和感を覚え……【後編まんが】
前回からの続き。私の高齢である祖父が体調を崩し、週末お見舞いに行くことに。ただ、元々義実家での予定があったので、私は義母に事情を説明し、「行けない」と伝えました。すると……。 「わが家の予定が優先」...
<裏表が激しい義母>「家族を大切に」と圧をかけてくる義母。だんだん違和感を覚え……【前編】まんが
私は母子家庭で育ちました。母方の祖父母は遠方暮らしのため、会うのは年に一度ほど。親戚付き合いもほぼありませんでしたが、母と姉と3人で仲良く暮らしてきました。 一方、夫の実家は大家族。夫には兄と妹がい...
<義母の暴走>「今から家に行く!」義姉が臨月まで妊娠を黙ってた……義母は怒り心頭で【前編まんが】
ある日、二世帯同居している義母がすごい剣幕でうちにやってきました。 夫は4人きょうだいの次男です。長男にあたるタカシさん夫婦はうちから片道2時間ほどの他県住まいをしています。義母によると、現在義...