いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<自分時間の作り方>「この感覚、久しぶり……」ママが自分のためだけに使う特別な時間【まんが】

独身の頃、私は週末の夜に爪にマニキュアを塗る時間が好きでした。ネイルアートなんてちゃんとしたものではなく、単色か簡単なフレンチネイルなど、自分でもできるくらいのデザインです。昔から爪の形をキレイだと褒められることが多かったので、私にとって特別な時間でした。
マニキュア1

結婚し出産を経てから、なかなか爪をキレイに塗ることがなくなってしまいました。物理的に時間がないこともあるし、赤ちゃんを抱っこするのに派手な爪をしていたら周りになんと思われるか………という勝手な思い込みもありました。
育児関連で大変なことが何年か続いて、やっと少し気持ちが落ちていたときのこと――。ふと思い立ち、数年ぶりに爪を塗ってみたのです。
マニキュア2
久しぶりに爪をキレイにすると……。

マニキュア3
「あー……こういう感覚、久しぶりかもしれない」
自由時間を、自分のためだけに使うこと。爪を見るたびに、この時間を思い出すこと。
育児に奔走していてすっかり忘れていた、とても尊い時間のように感じられたのです。その夜は充足感とともに眠りにつくことができました。
マニキュア4
翌朝も、目が覚めて自分の爪を見ると今日も一日頑張るか! という気持ちになりました。
「よし、今度買い物のついでに新しいマニキュア買いに行こうかな!!」
育児に奔走していてすっかり忘れていた「自分を大事にする時間」。今後は意識的に時間を作っていきたいと思う出来事でした。

作画・いちと 編集・荻野実紀子

【つぎ】の記事:<離婚の原因?>「息子と同年代のアイドルにハマる妻が不快」義弟から相談【前編】まんが

関連記事

<夫婦のピンチ>「俺が嫌いなの!?」怒る夫。一人の時間がほしいと思うのはワガママ?【前編】まんが
双子の男の子を育児中です。私も夫も結婚が遅く、不妊治療の末にわが子たちを授かりました。 高齢初産での双子の出産は不安でしたが、子どもたちは元気に育ってくれて感謝の毎日です。しかし産後の回復が遅かった...
<恐怖!隣人トラブル>隣人家族の異常な行動……びっくりな方法で撃退!スッキリ解決【前編】まんが
念願の庭付き戸建てを購入し引っ越しました。引っ越し当日、ご近所さんへ挨拶に行くことに。 「ご近所付き合いは大切だからな」「そうだよね、とくにお隣さん。どんな人だろうね?」夫と話しながら、少し緊張しつ...
<怖い女の正体>義弟の婚約者が豹変……「デキ婚のくせに」「結婚式に来るな」【第1話】新連載まんが
私は2人の子を育てる29歳の専業主婦です。旦那の弟が結婚することになり、両家の親族での顔合わせがありました。義弟は25歳で、婚約者のサキさんは37歳とのことでした。 サキさんは私...