いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<ママ友は旦那の元カノ>私だけ知らなかった、歪んだ関係――出会いと希望【第1話】新連載まんが

私は5年ほど付き合った旦那と結婚をし、旦那の地元に新居を構えました。旦那はとても子煩悩で、家族のために懸命に仕事を頑張ってくれます。しかし私は旦那の地元で育児をすることに孤独を感じるようになってしまいました。
1-1 (1)

1-2 (1)
そこで出会ったのが、メグミさんでした。最初は「あの人、またいる……」くらいに思っていたのですが、ひとりで子どもを遊ばせているもの同士ほぼ毎日顔を合わせているうちに、挨拶をするようになり、少しずつ会話を交わすようになりました。メグミさんは息子と同い年の男の子のママ。子ども同士の月齢も近いことからお互いに育児の悩みを相談をしあう仲になりました。

1-3 (1)
メグミさんと会話をしている時間はとても温かく、私に元気をくれました。完全アウェイだと思っていた旦那の地元で、私は少しずつ自分の居場所を見つけられたような気がしていました。

【第2話】へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・りますけ 編集・荻野実紀子

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

りますけの記事一覧ページ

関連記事

<ママ友は旦那の元カノ>私だけ知らなかった、歪んだ関係――シングルマザーの告白【第2話】まんが
前回からの続き。結婚してから旦那の地元に新居を構えた私たち。長男の誕生と同時に育児の孤独を抱えてしまい、旦那の地元に対して疎外感に苛まれていました。そんな私を孤独から救ってくれたのが、息子が1歳になっ...
<相続トラブル>ニートの兄に「すべての遺産を渡す」と言う母。私は権利を放棄すべき?【前編】まんが
私は40代後半で夫と子ども(大学生と高校生)4人で暮らしています。先日、実家で母と同居している兄から連絡がありました。 「かまわないけど、お兄ちゃんじゃダメなの?」 「俺は~……仕事もアレだし...
<人生の選択>「大学には行け」父にレールをしかれた僕:大卒という肩書きだけのために【前編】まんが
父は僕の自慢でした。地元では誰もが知るメーカーの営業職としてバリバリ働いていた父。当時地元では珍しかった海外出張にも出かけ、「シュンくん(僕)のお父さんってすごいんだね」なんて友だちから言われると、な...