いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<悩んだ幼少期>「落ち着きがなく乱暴な子」15歳になった今【息子と母の物語:エピソード10後編】

前編からの続き。小学3年生になっても落ち着きがない息子は、授業中に立ち歩き、ときには教室から出て行ってしまうことも。忘れ物などしょっちゅうで、授業のノートは真っ白……私は疲れ切っていました。そんなある日。
療育息子後編1
息子は友達にケガをさせてしまったのです。ケガは幸いにも軽症でしたが、相手の保護者からは辛辣な言葉を浴びせられました。しかし帰り道も、息子は反省する様子もなくヘラヘラ。「しつけができていない」 「親がしっかりしていないからだ」 幼い頃から何度となく周囲の人に言われ続けて、もう限界……私は思わず叫んでいました。
「なんで……わかってくれないのよ! 危ないことしないで、って言っているでしょう!!」

ただこの事件が起きたことでその後、息子に対して支援できる方法はないか学校が検討してくれることになったのです。

療育息子後編2
年齢が上がるにつれて息子は徐々に落ち着きはじめました。特に中学に入ってからは驚くほど真面目な生徒に。入学当初は真ん中くらいの成績だった息子でしたが、自分で理数系の勉強に力を入れはじめてからは一気に成績が急上昇。30位以内に入ったときには驚きました。

療育息子後編3
療育息子後編4
ずっと手探りの育児で、答えのない答えを探し続ける日々でした。しかし今、15歳になった息子の姿を見ていると、かつての大変だった日々は決して無駄ではなかったと思えるのです。

原案・ママスタコミュニティ 作画・猫田カヨ 編集・井伊テレ子

「息子と母の物語」最初から読む:<息子と母の物語:エピソード1>激しい反抗期に苦悩……息子のなかにあった優しさ【前編】まんが

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

関連記事

<悩んだ幼少期>「落ち着きがなく乱暴な子」15歳になった今【息子と母の物語:エピソード10前編】
息子はずっと「変わった子」と言われてきました。3歳の頃から他の子との行動の違いが目立ちはじめたのです。 息子は順番を守って並ぶことが出来ませんでした。何度言い聞かせても、自分が滑り台を滑り終わっ...
<息子と母の物語:エピソード3>5歳の息子に20歳のママ。世間の目は冷たかった【前編】まんが
私は亡くなった姉の子どもを引き取り、養子にして育ててきました。私が20歳で息子が5歳の時です。私との年の差は15歳。「今日から一緒に暮らそうね」と言った私に、息子は無言でうなずきました。 ...
<仕切るボスママ>幼稚園イベント月一開催!ついてけない……【前編:イベント苦手ママの事情】まんが
私は、ひとり息子をもつママです。夫は転勤族で、全国各地を転々としています。 私たち一家は、この街に引っ越してきました。当時、息子は幼稚園の年長。幼稚園は、近くの小規模幼稚園に決めました。送迎が楽だし...