いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<育児の見える化>夫「生後2ヶ月赤ちゃんと義実家へ行く」どれだけ大変か共有してみた【後編】まんが

前回からの続き。生後2か月の赤ちゃんを連れて義実家へ行こう、と言い出した夫。私にとっても赤ちゃんにとっても負担がかかる話なので何とか回避したい……! そもそも生後2か月の赤ちゃんを育てるのがどれだけ大変か、夫は全くわかっていません。
どれだけ大変かを『見える化』_004
夫はいつも、真夜中にギャン泣きする赤ちゃんのそばでぐっすり寝ています。深夜のミルクやおむつ替えも一度もやったことがありません。仕事が休みの週末さえも、私がお世話をしているのをただ横から見ているだけです。そこで私はどれだけタスクが多いのか、ちゃんと説明することにしたのです。
「最近はだいたいこんな感じで生活リズムが決まってきてるの。お風呂は夕食の前だから、パパの実家に行ってそこがズレるだけでもうグズっちゃうと思う。ミルクの時間もずらしたくない。睡眠時間も最近やっと整ってきたのに、夜遅くまでパパの実家にいて興奮しちゃったら、眠れなくなっちゃうよ。そうなったらもう本当に大変だよ……」

どれだけ大変かを『見える化』_005
「ね? だから、向こうで夕食を頂いてお風呂まで入って、夜遅くに帰るなんて、どう考えてもムリでしょう? 短い時間にならないかな……?」
夫はしばらく「う~ん……」と考え込んでいました。

どれだけ大変かを『見える化』_006
私がなぜわざわざこんな表を作ったのか、その意味を子育て経験者の義母はおそらく理解してくれたのでしょう。義母が夫にピシャリと言ってくれたおかげで、事態は一気に良い方へと動き出しました。
「それから……俺も金曜と土曜の深夜は、なるべく赤ちゃんの面倒見るよ。次の日仕事じゃなければ眠くても平気だし……夜、あんなにママが眠れてないなんて知らなかったから……」
本当!? すごく助かる……!」
赤ちゃん育児の大変さを、いまいち他人事だった夫にちゃんとわかってもらえてよかったです。今、どれだけ自分が大量のタスクを抱えているのか、どれだけ困っているかを、わかりやすく伝えることって大切なんだなとあらためて思いました。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・大島さくら 作画・きたがわなつみ 編集・井伊テレ子

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

きたがわなつみの記事一覧ページ

関連記事

<育児の見える化>夫「生後2ヶ月赤ちゃんと義実家へ行く」どれだけ大変か共有してみた【前編】まんが
私は2人目の赤ちゃんを出産したばかり。退院すると休む間もなくハードな育児が始まりました。 出産前までは上の子を連れて半月に1回のペースで義実家へ行き、土日にかけて泊まっていました。でも今は下の子...
<旦那が母依存>新居のカーテン選びに義母を誘ってた!旦那にモヤモヤ……【前編】まんが
夫と結婚して3年になります。昨年、長女が生まれました。子どもが1歳の誕生日を迎え動き回るようになり、今の部屋が手狭になってきたので、もう少し広めの部屋へ引っ越すことにしました。 そして買い物当日。夫の...
まんが【前編】よそのママのせいで台無し!「娘の大切なピアノ発表会」やり切れない気持ちを伝えたら…
娘は小さい頃からピアノを習っています。毎年ピアノ教室主催の発表会が地元の大きな音楽ホールで行われていて、今年は小学生最後の出番。娘は「長い曲にチャレンジする!」と頑張って練習してきました。そして当日…...