いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<義母にたかられる>「ご実家の土地ちょうだい!?」非常識で図々しい義母に一喝!【前編】まんが

シングルマザー(義母)のもとで育てられた旦那。経済的に厳しいなか、旦那は塾へ行くことなく国立大学に合格しました。奨学金制度を利用したので、義母が出すお金はほぼなかったそうです。旦那は義母を大切にしていますし、義母も旦那を自慢の息子だと言います。結婚当初は「良い親子関係だな」と思っていたのですが……。
<義母にたかられる>義母の図々しさをたくましいと思う一方で、「お金がない」を理由にして最初からなんでも人に助けてもらおうというスタンスに嫌悪感を抱いています。

<義母にたかられる>
なぜか義母は旦那の収入が高いと思っているようですが、実際は私のほうが高収入。あえて言う必要もないと思い、伝えていません。しかし「息子の収入だけでやっていけるのでは?」という勘違いや、私が働くことについて口を出してくることは、そのうちなんとかしたいと思っています。

<義母にたかられる>
冗談にしても腹が立ちます。義母の発言を無視して私は部屋を離れました。その後、私たちと二世帯同居する話に舞い上がってしまった義母は、勝手に住宅展示場の予約を取ってきたのです。

後編へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・rollingdell 作画・善哉あん 編集・Natsu

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

善哉あんの記事一覧ページ

関連記事

<いい大人が叱られる>「ご実家の土地ちょうだい!?」非常識で図々しい義母に一喝!【後編】まんが
前回からの続き。二世帯同居の話に勝手にテンションがあがった義母。今度は勝手に住宅展示場の予約を取ってきました。 展示場で数々のモデルルームを見て義母は舞い上がります。私も素敵な部屋を見て「買える...
<怖い女の正体>義弟の婚約者が豹変……「デキ婚のくせに」「結婚式に来るな」【第1話まんが】
これは5年くらい前のお話です。当時、私は2人の子を育てる29歳の専業主婦でした。旦那の弟が結婚することになり、両家の親族での顔合わせがありました。義弟は25歳で、婚約者のサキさんは37歳とのことでした...
<義母の嫌がらせ>「あなたは所詮他人だから」だんまりの旦那。なぜ?【前編:ダメパパ図鑑79人目】
「わが家のインターホンのなる音」と同時に、私は深いため息をつきます。 義母の買ってきた高級弁当に舌つづみをうつ3人。そしてそれを見つめるだけの私。そう、義母は毎回お弁当を買ってきてく...