いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<夫婦で高齢出産>晩婚で授かった2人目。歳を理由に「赤ちゃんのお世話はもう無理」と言い訳する旦那

旦那は普段から家事に協力的で、年中の娘のお世話もよくしてくれます。しかし2人目の女の子が産まれてから私は旦那の「ある口癖」に悩まされるようになりました。
下の子は無理と言う旦那1
上の子のときは乳児期のお世話も頑張ってくれていたのに…なんで?? 私は不思議で仕方がありませんでした。

それでも私が上の子のダンス教室に付き添う時間だけは、家にいる旦那が下の子を見ていてくれていました。どうしてもお姉ちゃんには我慢させてしまうことが増えてしまったので、2人っきりの時間は大切にしたいと思っていたのです。ところが……。
下の子は無理と言う旦那2
何が違うの? 疑問でいっぱいの私に、旦那は「下の子の面倒を見たくない」言い訳をグダグダと説明しはじめました。
「上の子はミルク中心だったろう? でも下はどちらかと言えば母乳中心じゃないか。授乳の間隔がわからないし、哺乳瓶を受けつけなくてずっと泣かれても困る。抱っこし続ける体力も自信ない、腰も痛くなるし……それに俺はもう歳だ……」
下の子は無理と言う旦那3

下の子は無理と言う旦那4

文、作画・なかやまねこ 編集・井伊テレ子

※この漫画は知人の話を元に作成しています。

なかやまねこの記事一覧ページ

関連記事

<ママはゲーム配信者>孤独な育児中、旦那に見放され……「壁とでも話していれば?」【第1話】まんが
私は幼い子どもを育てる30代の主婦です。旦那とは独身の頃からお互いの趣味を大切にしながら過ごしてきたと思います。しかし子育てに追われるうちに私は趣味のゲームとは疎遠になりました。 もちろん出産す...
新連載まんが【第1話】夫のことを「疫病神!」とののしる母。「結婚には反対だった」と言い出して……
私は両親の愛情を受け、小さい頃から何不自由なく育てられました。特に母とは仲良しです。 看護師として忙しい日々を送っていた私はある日、居酒屋のテーブルでうつぶせになって思わず愚痴をこぼしていま...
【前編】お金がない!裕福な家庭からの突然の転落……わが家の「貧乏をカモフラージュ」する作戦とは?
私は幼稚園に通う女の子2人のママです。近所のママ友たちにも恵まれ、平穏な毎日を過ごしていました。 夫は仕事を探しながら朝から晩までアルバイトをしていますが、会社員時代の給料には到底及びません。私...