いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<子どもの挫折>「頑張れ!」と続けた6年間。でもレギュラーを落ち続け【後編:ママの気持ち】まんが

前回からの続き。
小学校のころから合わせると6年間、息子の野球を精一杯応援してきました。それでもレギュラーになれなかった息子が明るく報告したことに、怒りと悲しみを感じてしまった私。
<子どもの挫折>007
私は一連のできごとを自分の母に話しました。すると――。

実母「親が頑張った分だけ子どもの出来が良くなるわけじゃないからね。どんなに努力しても届かないことはあるし、それこそ社会に出たら同期や後輩に抜かされることなんてよくあるわよ。それでも諦めないで、野球を続けているなんて、私はそれだけでも充分価値があると思うわよ」
私:「そっか……」

<子どもの挫折>008
実母:「難しいんだけどね。でも挫折をたくさん経験しているからこそ、人間的にも強くなっているはずよ。しっかりと見守ってあげなさい」
私:「うん……」

―――翌朝―――
私:「おはよう!」
息子:「おはよう……」

<子どもの挫折>009
私:「いまの経験が全部まるごとあなたの人生の経験になるんだから……ね。お母さんたちは手を差し伸べてくれたら、いつでも応援するから!」
息子:「わかった……」
私:「あなたも口を出したいのであれば、まずは私たちと同じ目線になって言ってくれる? 息子がどれくらい頑張っているのか、知らないくせに偉そうなことばっかり言わないで
夫は押し黙って考えているようでした。夫が息子に対する思いを変えようとするまで何度でも言い続けようと思います。

このまま卒業までレギュラーがとれるかは分かりませんが……それもすべて息子にとって必要な経験だと思い、見守っていきたいと思います。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・べるこ 編集・秋澄乃

【つぎ】の記事:<いじめと担任>いじめをちょっかいだと言い張る担任……親はどこまで出て行っていいの?【前編】

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

関連記事

<子どもの挫折>「頑張れ!」と続けた6年間。でもレギュラーを落ち続け【前編:ママの気持ち】まんが
私には中学2年生の息子がいます。小学校3年生のときから、市内で一番の強豪チームに入団し、現在は学校の野球部に入っています。小学校のとき、夫が息子へ言った「小学生になったんだし、何かスポーツでもやるか?...
<デリカシーなしの義父>孫を馬鹿にして、泣かせた!反論すると、謝罪を要求され……【前編】まんが
わが家のすぐ近くに義両親が住んでいますが、義父がなかなか癖の強い人で困っています。義父は「自分が一番」の考えで、私を馬鹿にするのです。「孫娘は背が低い。嫁似だ」「うちの家系はみな頭がいい。もし孫娘の成...
【前編】これが普通の“反抗期”?中1の娘がすぐ癇癪を起こして話が通じない……悩んだママが夫の言葉で気づいたこと
私には中学1年生の娘がいますが、最近娘との関わりで悩んで疲れを感じていました。 たとえば先日、娘が学校から宿題を持ち帰ってきたときのことです。 さすがに「クソババア」はよくない。そ...