いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<子どもの挫折>「頑張れ!」と続けた6年間。でもレギュラーを落ち続け【前編:ママの気持ち】まんが

私には中学2年生の息子がいます。小学校3年生のときから、市内で一番の強豪チームに入団し、現在は学校の野球部に入っています。小学校のとき、夫が息子へ言った「小学生になったんだし、何かスポーツでもやるか?」という言葉がはじまりでした。
<子どもの挫折>001
チーム探しのときも夫は、「弱いチームなんかダメだ! 一番強いチームに入れろ!」「同じ小学校の子が多いチームにしてやれ!」と口だけ。チームに入ってからも野球に関して動くのは私ばかりでした。

<子どもの挫折>002
「いつか……いつかきっと。レギュラーになれますように」私の願いはそれだけでした。しかし……。

<子どもの挫折>003
怒りが湧いてくるのと同時に、「もう頑張って応援するの、疲れたな……」と私の心が折れてしまいました。

中編へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・べるこ 編集・秋澄乃

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

べるこの記事一覧ページ

関連記事

<子どもの挫折>「頑張れ!」と続けた6年間。でもレギュラーを落ち続け【中編:息子の気持ち】まんが
前回からの続き。息子の気持ち。僕のお父さんはとても忙しい人です。土日は家にいないことが多く、あまり遊んでもらった記憶はありません。でも、はじめてお父さんとキャッチボールをした日のことはいまでも鮮明に覚...
まんが【前編】92点で怒られた息子。厳しすぎるエリートの夫「お前が甘いからこうなるんだ!」
でも……そんな夫だからこそ、息子に対しても、学年で1位もしくは100点以外はいっさい認めないし、褒めようとしません。 確かに今回は100点ではありませんでした。 私自身は、勉強は...
【前編】高校入学後、すぐに「部活を辞めたい!」と言いだした娘。親はなにをしてあげるべき?
娘はこの春からA高校に通いはじめました。昨年、学園祭を見学したときにダンス部のパフォーマンスに圧倒された娘。A高校は少し遠くて一緒の中学の子はいないけれど「ここでダンスがしたい!」と憧れて進学を決めま...