いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<血縁のない親子>「先生ともう話したくない」元担任の言葉に傷つけられた10歳の息子【前編】まんが

私には10歳の息子(タカシ)がいます。だけど……。
<血縁のない親子>
<血縁のない親子>
<血縁のない親子>
先日、息子の友だちが「保育園のときに担任だったA先生」とスーパーでバッタリあったそうです。話の流れで、A先生と保育園仲間でテレビ会議(電話)をしてみようとなり、うちの息子も誘われました。

<血縁のない親子>
<血縁のない親子>
<血縁のない親子>
私が「なにか嫌なこと言われたの?」と何度聞いても息子は「思い出したくない」と先生と話したくない理由を教えてはくれません。帰ってきた夫にそのことを話すと、息子の部屋で話を聞いてくれました。
どうやらみんなで家族の話題になったとき……。

<血縁のない親子>
<血縁のない親子>
<血縁のない親子>
それを聞いて私ははらわたが煮えくりかえりました。こんなに人に怒りを覚えたのは初めてというくらいです。もちろん息子に「先生のいうことは気にすることはないし、タカシは何にも悪くない。お母さんはタカシが何よりも大切だから」と夫と一緒にできる限りのフォローをしました。でも言われた事実は消えません。10歳の息子にはあまりに酷な内容です。

翌朝、私はすぐに保育園に電話をしました。

中編に続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・rollingdell 作画・ゆずぽん 編集・荻野実紀子

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

ゆずぽんの記事一覧ページ

関連記事

<血縁のない親子>「先生ともう話したくない」元担任の言葉に傷つけられた10歳の息子【中編】まんが
前回からの続き。元担任の言葉に傷つけられてしまった息子。その会話の内容に納得がいかない私は、翌朝保育園に電話をしました。 「謝罪はわかりましたらから、A先生と話をさせてください」 する...
まんが【前編】私だけ「完全無視」のママ友「私何かしたかな!?」トラブルの当事者になって気づくこと
年長の長女は幼稚園送迎に園バスを利用しています。最近引っ越して、バス停だけ変わりました。 新しいバス停にはうちの子のほかに3人の年長さん(A、 B、 C)がいて、娘は同級生が3人もいることに大喜び。...
まんが【前編】ママ友が当日にドタキャン!しかも連絡は5分前!「ありえない……」私が心に決めたこと
ママ友からLINE「ごめんね。主人が急に休みがとれて家族で出かけることになったの。休みが日曜しかないから有給は貴重で……また別の日にしてもらっていい?」と。 びっくりして了解のスタンプだ...