いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<障害?>カ行をタ行に発音する子。言語聴覚士にアドバイスされたアイテム【後編】まんが

前回からの続き。息子の発音が気になっていたある日、言語聴覚士さんから話を聞ける機会があり……。
<息子は構音障害?>
私の住んでいる地域は勧められた小児科は遠く、さらに予約待ちがすごく長いとのことで、受診を躊躇しました。すると、自宅でできる方法があることを教えてもらいました。(ちなみに自治体にもよると思いますが、支援センターなどで言語指導を行っている場所もあるみたいです)

<息子は構音障害?>
言語聴覚士の先生の言う通り、思い返すと息子はアメをなめるとき、いつもすぐにガリガリと噛んでいました。もちろん個人差もあると思いますが、舌の筋肉の弱い子は、途中で舌が疲れて噛んでしまうみたいです。

<息子は構音障害?>
息子は6歳現在で「かきくけこ」が「かちとぅちぇと」という発音。気をつけてゆっくりしゃべるともう少ししっかり発音ができる………という感じの仕上がりです。まだまだ道のりは長そうだけど、もう少しこの舌っ足らずを堪能させてもらいつつ、ゆっくり成長していってほしいと思っています。

※この漫画は一個人の体験談を元にしています。この漫画を読んでもし心当たりがある方は、自己判断せず、専門機関に相談することをおすすめします。

文、イラスト・金のヒヨコ 編集・荻野実紀子

金のヒヨコの記事一覧ページ

関連記事

<障害?>カ行をタ行に発音する子。言語聴覚士にアドバイスされたアイテム【前編】まんが
みなさんこんにちは。金のヒヨコです。今回は現在小学1年生の息子の発音に関しての私の体験をご紹介したいと思います。 大人になっても滑舌のよくない方もいるかと思います。かわいい舌っ足らずな発音を間近...
言葉の発達がゆっくりな2歳児の娘が「言語発達遅滞」と診断された日
言葉の発達がゆっくりな娘が発達センターを訪れてから2ヶ月が経ち、専門医の診察を受ける事になりました。娘が2歳7ヶ月のときです。 診察当日、家族3人で病院へ向かいました。 初めは病院を怖がってい...
子どもの発音がずっと気になる……自治体への相談から言語聴覚療法までの体験談
体の大きさに対して発音が幼いと、発育が遅れているのかな? という不安が時々よぎります。ただ確信はないけれど、他に心配なことは特に見当たらなかったのです。幼稚園の先生からも特にご指摘を受けたことはあ...