いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

まんが【後編】「LINEする暇あるなら運動したら?」専業主婦のママへ送った言葉<友人の気づき>

前回からの続き。友人のミカとLINEで言い争いになってしまいました。「ごめん、無理」という返事を最後にブロックされ、連絡は途絶えてしまいました。温和なミカの強めの言葉に「少し言いすぎたのかも……」と思いましたが、私は間違ったことは言っていません。ミカは私に図星をつかれて怒ってしまったのだと思います。そんなある日のこと。
「LINEする暇あるなら運動したら?」

「LINEする暇あるなら運動したら?」

いとこのリサに、友人のミカのことを話すと……。
「LINEする暇あるなら運動したら?」
人の気持ちをもっと理解したいと思ってはじめた心理学の勉強でした。しかしいつの間にか人を攻撃し、理論武装するための道具になっていた気がします。正論を伝えることが正解ではありません。今更ではありますが、ミカの気持ちに寄り添えなかったことを反省しました。

ミカにはLINEをブロックされたままなので、ご実家宛で謝罪の手紙を送りました。すぐさま元の関係に戻れるとは思っていませんが、時間が経ってまた2人で楽しく話をできる日が来たらいいなと思っています。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・rollingdell 作画・善哉あん 編集・一ノ瀬奈津

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

善哉あんの記事一覧ページ

関連記事

まんが【前編】「LINEする暇あるなら運動したら?」意識高い独身友人から 産後太り専業主婦の私へ
私は現在3人(8歳、5歳、2歳)の子育てをしている38歳の専業主婦です。ある日、友人サチからひさびさに連絡がありました。サチは未婚、歯科衛生士としてバリバリ働いています。 これにはバカに...
まんが【中編】「LINEする暇あるなら運動したら?」意識高い独身友人から 産後太り専業主婦の私へ
前回からの続き。私に対して何かとバカにするような言葉を掛けてくる友人のサチ。私への暴言ともとれる発言はさらに続きます。 サチの言い分ももっともなのです。子育てはがんばっているけれど、じゃあ自分の...
【前編】「2人目は?」「一人は可哀想」無意識に傷つけたママ友に謝りたい。でも答えは出ていた
私(チカコ)には、上の子が赤ちゃんの頃に子育て支援センターで出会ったリホちゃんというママ友がいます。 きっと子どもがいなくても知り合っていたら仲良くなっていただろうな~。私にとってリホち...